フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林間学校とデカトロン

またもや2ヶ月もブログを放置してしまいました・・・が、
みなさま、お元気ですか?

私は、2年ぶりに実家に帰省して、
日本の夏を200パーセント満喫してきました~
詳しい話は、また次回に書くことにして・・・
とにかくあまりにも楽しかったので、
未だにホームシック気味・・・

とは言え、
先週から娘達の学校も始まり、
やること、考えること、山積みなので
気合いを入れてがんばらなくては!

新学期早々、
二女が今朝、5日間の林間学校に出発しました。

20140908-3.jpg

林間学校に必要な長靴や運動靴、
ブルゾンなどを買うために先週、
久しぶりにDECATHLON(デカトロン)へ!
フランスでスポーツやアウトドアグッズと言えば、
やっぱりこの店
品揃えが豊富だし、
オリジナルブランドQuechuaは
安くてデザインもなかなかお洒落なので、
うちも時々お世話になってます。

パリの1区にもお店がありますので、
日本からお越しの方で興味がある方にはおもしろいかも

●マドレーヌ店
23, boulevard de la Madeleine Centre commercial Les Trois Quartiers
75001 Paris
月曜から土曜の9h30から20hまで

20140908-2.jpg

朝からこのメッセージを書いて、二女は出掛けました。
これを見て、寂しさを癒すことにしましょう

20140908-1.jpg

日本から帰ってきたら、8月下旬のパリはすでに寒くて
いささかびびりましたが・・・
今日は快晴で、気温も20度ちょっと、最高に気持ちイイ!
今週はずっとこの天気に恵まれるようなので、
子ども達も美味しい空気をいっぱい吸って、
自然と戯れて、
楽しい林間学校になることでしょう☆

応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

スポンサーサイト

フランス人たる所以。

6月、フランスはバカロレア(大学入学資格試験)の季節。

一昨日は、毎年その質問内容が話題になる
哲学の試験がありました。
今年の問題は次の通り。
それぞれの中から、自分が好きなテーマを一つ選びます。

理系
- 芸術家は自分の作品の主人なのか?
- 私たちは幸せになるために生きているのか?
- デカルトの著書『精神指導の規則』についての解説

文系
- 作品は私たちの知覚を教育するのか?
- 幸せになるために何でもしなくてはならないのか?
- カール・ポパーの著書『客観的知識』についての解説

経済社会系
- 選択肢があるだけで自由になれるのか?
- なぜ自分探しをしなくてはいけないのか?
- ハンナ・アレントの著書『人間の条件』についての解説

補足ですが
日本の普通科に当たるこちらの高校生は
2年生になる時に理系・文系・経済社会科学系の
三つから進路を選択します。
(ここの時点で、どんな職業に就きたいのか考えさせられます・・・)
そして最終学年の3年生は全員、
どの学科も哲学を勉強するのです。

でも、理系や経済には必要ないんじゃ・・・
いやいや、
そこがフランスのおもしろいところなんですよね

若い頃にこうして人生について問う経験ができるのは、
とてもいいことだと思います。

そして、なぜフランス人があれだけ見事に
自分の考えや意見を主張できるのかが
わかる気がします。

さて、今日の午前中、フランスの高校2年生は
バカロレアのフランス語を受験しています。
なんと、うちの長女も受験中!!
こちらも4時間、論文形式の問題です。
みんな、がんばれー


応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

感性を育てる教育☆

先日は、二女の学校の保護者会でした。
新年度に当たり
最初の1時間は校長先生から学校全体の話、
そのあとクラスごとに担任の先生から
授業の内容について説明がありました。

2013-09-21_1.jpg

机には子ども達が書いた名前札が!^^

二女の先生は、35歳で転職したそうで
その前は全然違う分野の仕事をしていたそうです。
彼女の話を聞いていて、
教育への熱意が伝わってきて
本当に先生になりたくてなった人なんだなと
頼り甲斐を感じました

フランス語や算数など日々の授業と共に
テーマに沿った授業もあって
先生が選んだのは次の4つ。

-建築
-ノエル
-芸術の歴史
-舞台

どれも興味深いテーマで
私も子ども達と授業を受けたいくらい(笑)。

すでに建築のテーマは始まっていて
10月にはパリにある
Cite de l’Architecture et du Patrimoine
(建築遺産博物館)にも行くそうです。

ノエルのテーマでは、
世界の国でどのような慣習があるのか調べたり、

最後の舞台のテーマは、
年度末の学芸会につなげたいとのことでした。

先生がおっしゃっていた
子ども達の感性を育てることは大事なことだと。。。
とても共感しました。

先生からの詳しい説明、
保護者からの質問等で
予定の2時間を30分をオーバーしての長丁場でしたが
自分なりの心構えもいろいろできました。
子ども達の学校生活をまた1年、
楽しみながら見守っていきたいと思います☆


応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


1本じゃ買えない・・・

あー、8月も今日でおしまい。。。
いよいよ来週の火曜日から新学期です。

文房具やらスポーツ靴やら
学校から渡されたリストにあるものは
どうにか全部揃えました

特にノートやファイル類は
ページ数やら色の指定があって
一つの店では全部は見つからず
何軒も回る羽目に。。。

最後まで見つからなかったのが
赤のボールペン1本!
ボールペンは大抵まとめ売りなんですよ

昨日行った頼みのBHVもそうだったので
仕方なく、赤の4本入り(2,10€)を買おうとしたところ。。。

stylo.jpg

赤4本も入ってる特売品が20本入りがなんと2,99€!?

値段と量を比べてこっちを買ってしまいましたが。。。
緑色ってあまり使わないし
黒のボールペンはまだいっぱいある。
まあ、腐るもんじゃないし、
これからも必要なものだけど
やっぱり赤を1本だけ買いたかったー><

昨年二女が使ったノートを見たら
実際は1/4程しか使ってなくて
これもなんだかなあ。。。

ページ数が多いと自ずと値段は高いし、
子ども達のバッグもその分重くなるし、
そもそも紙だって有限なんだから
大事に使わないと!!

来年からは学校から言われたページ数より
少ないものを買うことにします。
足りなくなってから買い足せばいいんですからね~。

今みたいに物で溢れてなかった時代は、
1本の鉛筆だって大事に使っていただろうに。。。
不要なモノに埋もれて暮らすのは
最近つくづく嫌です。。。

新学期の準備をしながら
家の断捨離を本格的にやりたくなりました


応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

半分バカンス気分♪

前回書きました長女のスタージュは、
皆さんによくしてもらって
無事に終えることができました^^

そのあとも二女の学校の年度末のケルメス(学芸会)、
日本語教室の音読会など行事が多くて
てんやわんやの6月でしたがーーー
二女もいよいよバカンスに入り
久しぶりにゆったりと週末を過ごしております~♪

友達や同僚もバカンスに出掛け始めて
ボンヌ バカンス!!と言葉にする度に
自分もバカンス気分になっちゃうから不思議(笑)。

私のバカンスはもうちょっと先だけど
とりあえず学校の送り迎えと日本語教室から解放されるので
やりたいことがいろいろできそうでウレシイデス


先週の木曜日、
二女の学校の最後の行事は、
ルーブル美術館見学でした。

P1100793.jpg

写真は学校の授業で使っているファイル。
歴史や作品のお勉強と共に
走ったり、騒いだり、飲食しない、
作品や鑑賞している人を尊重する、
作品を楽しんで鑑賞するなど
美術館での鑑賞マナーがまず書かれてあって
フランスらしいなあと思いました。

P1100795.jpg

この日は、学校で既に習った有名な作品を
鑑賞したようです。
改めて、すぐに本物を観に行けるって
すごいですよね。

とは言え、日頃はなかなか行けないので、
この夏休みは娘達と美術館巡りをしたいなと
考えてます♪

P1100792.jpg

最後の日、
担任の先生へ、感謝の気持ちを込めて
マカロンを贈りました。
昨年あげたらとても喜んでくれたので今年も♪

先週後半から、
パリもようやく夏らしいお天気になってきました
よ~し、楽しむぞ~
皆さんもBonnes Vacances!!!


応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。