フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイ14世が嫉妬したお城

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です。今日のテーマは「歴史を学ぶのは好きですか?」です。今日、7月14日は○フランス革命記念日○ペリー上陸記念日だそうです。そこで思い出したのが歴史の授業!本田は学生時代、数ある教科の中でも歴史が大の大の苦手でした^-^;よくある漫画の中の悪ガキの様に、教科書の中の偉人の顔は落書きで・..
FC2 トラックバックテーマ:「歴史を学ぶのは好きですか?」



↑今回書こうと思っていたこととちょうどぴったりのテーマでびっくり*_*

先日、château de Vaux-le-Vicomte(ヴォー・ル・ヴィコント城)へ行ってきました。
お出掛けの行き先を決めるのは毎度私のお役目でいろいろと迷ったのですが~
とにかく美しいと評判のお城なので、パリから1時間と近いこともあってここに。

実は私、ヴェルサイユはあまり好きじゃありません…
なので、このお城もどうかなあ~とちょっと半信半疑でしたが…どっこい!
すごく素敵なお城で、その歴史がまた大変興味深かくて、大いに満喫させてもらいました

またもやワタクシの好きな^^;ウンチクに、もしよろしかったらお付き合いくださいませ~

vaux-le vicomte1
お城の入り口です。時代は17世紀初め・・・

vaux-le-vicomte3.jpg
Nicolas Fouquet(二コラ・フーケ)、このお城の初代の主人です。(なかなかいい男
彼はもともといい家柄の出身で地位と財力に恵まれていましたし、
その実力と自信から次々と昇進し、ルイ14世下の財務大臣まで昇りつめました。
まさにフーケ家の家訓、『昇れぬところなどあろうか』の通りに。

そして自分の地位と財力に似合う場所として、このお城の建築を手がけます。

vaux-le-vicomte4.jpg
フーケの書斎。
vaux-le-vicomte7.jpg
フーケの寝室。
la chambre
お客様用の寝室。

このお城を見学しながら感じたのは、フーケ氏のセンスの良さ。
ヴェルサイユのような豪華絢爛さではなくて、
控えめで上品なお部屋の内装にとても好感を持ちました。

フーケは芸術方面にも造けいが深く、
あらゆる分野の知人や友人との交流がありました。
中でもこのお城の建設に関わった三人は、
のちにルイ14世の命により同じメンバーでヴェルサイユ宮殿の建設を任されます。

vaux-le-vicomte10.jpg
建築家のLouis Le Vau(ルイ・ル・ヴォー)
le notre1
造園家のAndré Le Nôtre(アンドレ・ル・ノートル)
le brun1
画家で装飾家のCharles Le Brun(シャルル・ル・ブラン)

le jarden
こちらが、フランス式庭園第一号の眺めで~す。
ヴェルサイユはもちろん、チュイルリー公園、ソー公園、シャンティイ城、
フォンテンヌブロー城、サン・クルーなどパリ周辺の有名な庭はほぼ、
ル・ノートルさんの作品だったのですね~@@
le jarden1
王冠の噴水がカワイイ~^^
お庭もヴェルサイユより規模は小さいですが、こちらの方が好きだなあ。
↑上の写真の一番奥とあと両脇にも人工の滝があったり、舞台があったりします。
ぜひ噴水の時に見たいなー☆

三人の才能はさることながら、それを見抜いたフーケさんはやっぱいすごいと思うんです。
彼が見出さなかったら、ヴェルサイユもなかった~ということなんですからね~~~
あと造った人が同じでも、2つのお城、その城主の人柄が見事に出てますよね。

le grand salon
庭へと続く大広間。

財力も地位も交友関係も絶好調で、こんな素敵なお城の主になったフーケ。
運命の1661年8月17日、
盛大なパーティーをこのお城で催し、沢山の招待客と一緒に
ルイ14世とその母親も招待しました。
お城の素晴らしさはもちろん、庭園では噴水ショー、
フランスの劇作家モリエールの劇も披露され、最後には花火も上がり
それはそれは豪華なパーティーで招待客の感動ぶりもすごかったそうです
しかし、ルイ14世と母親は自分達よりも立派な城を持ち、
人々の喝采を浴びるフーケに大変嫉妬し、
この3週間後彼は逮捕されることになります・・・

plafond1.jpg
大広間の天井。↑これも悪くないけど・・・
↓本当はこんな風になる予定が(見えにくいですがルグランのデッサン)未完成…
完成していたら、さらに素晴らしかったことでしょうね。
plafond2.jpg

フーケに嫉妬していたのはルイ14世だけでなく、当時財務担当をしていた
コルベールもでした。そこで彼は王と一緒にフーケ失脚のために力を尽くします。

vaux-le-vicomte5.jpgvaux-le-vicomte6.jpg
フーケの友人であった詩人の↑Jean de la Fontaine(ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ)をはじめ、
フーケに同情する人も多く、3年の裁判後の判決は国外追放でしたが、
それを快く思わなかったルイ14世は王の特権を使い、終身刑に替えてしまいます
そしてフーケに仕えていた人々を自分のお抱えにして、
ヴェルサイユ宮殿の着工を始めたのでした。

写真右はフォンテーヌの童話、大きな木が横に生えた小さな木に向かっていつも、
「自分は大きくて強いんだ!」と自慢しますが、ある日、台風が来て大きな木は
なぎ倒されるというお話。これってルイ14世へのメッセージみたいでしょ?
彼は当時人の顔色を見ながら話をするヴェルサイユの人々の中で本音を通していた
ちょっと変わり者?(私は好きですけど^^)だったそうです。

couloir.jpg
廊下の椅子でちょっと一休み^^

salle a manger
ここが食堂の元祖!それまでお城では各自お部屋で食べていたそうです。
cusine vicomte
広くてかわいらしいキッチン。
moules vicomte
お菓子の型もいっ~ぱい。美味しいお菓子が作られていたのでしょうね~♪

plafond3.jpg
浴室の天井。

ほかにも図書室、遊びの部屋、一度も使われなかったルイ14世のための部屋、
地下には牢屋まで・・・お城見学だけで結局4時間もかかってしまいました~
というのも、日本語のオーディオガイド(2ユーロ)をじっくり聞いたもんですから~
時間はかかりましたが、何倍も楽しめました

vaux-le-vicomte2.jpg
子ども用に4ユーロで貸衣装もあります

野外オペラやキャンドルナイトなんて素敵なイベントもありますので~
またぜひ行きたいな^^


今日も読んでくださって~Merci!
最後に励ましのクリックよろしくお願いします^^

banner_13.gif




スポンサーサイト

お城の台所

前回のシャンボール城のあとにもう一つ、訪れたお城。

Chateau+Chenonceau.jpg
シュノンソー城
シェール川という川の上に建っています。
Chateau+Chenonceau9.jpg
16世紀から城主は6代続けて女性だった!というだけあって、
お城からお庭まで、とても上品で美しいお城でした^^


そして~何よりも私をトリコにしたのがここの台所~

お城に入って地下へ降りていくと、
お城の基部、脚の部分に台所があります。(↑一番上の写真をご覧ください^^)

Chateau+Chenonceau12.jpg
食器棚に~
Chateau+Chenonceau14.jpg
大きな暖炉(写真の奥なんですが…見えますか~^^;)、ダイニングテーブル。

Chateau+Chenonceau15.jpg
昔がこんな風だったかわかりませんが~
ドライフラワーなどの飾り付けがとっても素敵でした☆

さらに奥に進むと~


Chateau+Chenonceau17.jpg
広い調理場に当時のオーブンや調理道具が展示されていました。
ピカピカの銅製ばかり~

Chateau+Chenonceau18.jpg
いろんな形のお玉もカワイイでしょ^^

Chateau+Chenonceau20.jpg
お城の玄関口。
実は~上階にはいくつもの素敵なお部屋もあったようなんですが~
見た記憶がありませんで・・・
工事中だったのか、それとも台所で満足して帰っちゃたのかな・・・^^;

確かに豪華なお部屋より、台所の方が好きかも!
つくづく、庶民な私です^^;

Chateau+Chenonceau23_.jpg

さらに詳しい説明はこちらへ!

↑でも…Wikipediaを読んだら~
礼拝堂や図書館、ギャラリー、絵画コレクションなど
台所以外にもまだまだ見所があったんですね
これは、また訪れなくては!

アンリ2世の正妻と愛人が所有した二つの庭園も
そんな確執を忘れさせるほど優雅で美しそうで~
またゆっくりと鑑賞してみたいし^^

Chateau+Chenonceau6.jpg
なんせこの日は、
二ヶ月の二女をバッグに入れてのお城散策だったもので~フ~ッ



二つのランキングに参加中
励みになりますので~楽しんでいただけましたらクリックお願いしま~す^^




banner_13.gif


今日も読んでくださってありがとうございます^^


映画『ロバと王女』の世界へ

1970年のフランス映画『ロバと王女』
フランス語で『Peau d'ane』(ロバの皮)と言いますが、
長女が小学校のsortir(お出掛け)でこの映画を観て大変気に入り~
おばあちゃんにDVDも買ってもらい、しばらく私も一緒によく観てました^^


フランスの国民的女優カトリーヌ・ドヌーヴ主演。
お話は、お妃に先立たれた王様(ジャン・マレ)が「私より美しい人と再婚して…」
という彼女の遺言から、実の娘(カトリーヌ)に求婚する。
娘は仲のよい妖精に「父と娘は結婚するものではない」と忠告され、
ろばの皮を被った変わり者となって身を隠すが、そのうちに素敵な王子様と出会い、
恋に落ちるというストーリー。

エーッ!!父が娘に求婚!?
と~ちょっと過激なお話なのですが~^^;
この映画のすばらしさは~衣装と演出一見の価値ありです
あと、ミュージカル風に何曲かの歌もあって、
どれも素敵で楽しくて~思わず口ずさみたくなります♪
二曲、続けてどうぞ~!ご一緒に衣装と映像もお楽しみください^^


病気(実は恋の病^^)の王子様のために、愛のケーキを作る場面。
最後に王女、寝ている家来を足で蹴って起こすのが何とも…^^;



ケーキに入っていた指輪を眺めながら~王女の幻を見る王子。


ところで~この映画の舞台、ロワールのお城なんですね~^^
Chateau+chambord5.jpg
数ある古城の中でも特に有名なシャンボール城
広さも最大だそうで~とにかく壮大なお城です~@@
映画の中では、王子様側のお城として使われていました。
訪れたのは~5年前の春。長女もまだ6歳^^
Chateau+Chambord15.jpg
このお城の見所の一つ、二重螺旋の階段。
敵に会わずに3階まで上ったり下ったりできるんだそうです@@
お城の建築に、あのレオナルド・ダ・ヴィンチも参加していて~
この階段の設計をしたという説もあるんだとか!
Chateau+Chambord19.jpg
中央の一本道、どこまで延びているのでしょう?
Chateau+Chambord20.jpg
お城の正面。


「王子様のお城はここだったね~!でも王女様のお城はどこ…?」


その後、長女とミシュランのガイドブックで探しましたよ~
Chacirc;teau du Plessis-Bourreacute;
この外観の写真から「きっとこれだ!」と長女とも意見が一致!
シャンボール城の1年後に訪れてみたら~結果は~大正解~
ガイドさんも映画の撮影の話をしてくださり、
中庭など映画で見た風景があちこちにあって~感動でした^^
このお城の詳しい説明はこちらをクリック!


次回も~私一押しのロワールのお城を紹介しま~す^^



二つのランキングに参加中
励みになりますので~楽しんでいただけましたらクリックお願いしま~す^^




banner_13.gif


今日も読んでくださってありがとうございます^^



ノルマンディへ-レストラン編

前回のノルマンディの続編です!
地方へお出かけした時のもう一つの楽しみは、その土地ならではの料理を頂くこと
今回もレ・ザンドリーの町の素敵なレストランにて、郷土料理を満喫しました~

アントレ(前菜)はブーダン・ノワールとリンゴのタルト。
ブーダン・ノワールとは豚の血で作られたソーセージで…顔をしかめた人も多い
と思いますが、これが結構美味しいんです。しばらくママンが総菜屋で買っきて
よく焼いてくれてました。その総菜屋が店を閉めたので最近は食べてませんが、
カロリーを考えると食べなくなってよかったかも。
タルトのブーダンの塩分とリンゴの甘みがマッチしてGOOD
IMG_1579_convert_20080424235304.jpg

これは、お子様メニューの前菜のパテ。
かわいいでしょ~
味も自家製とあって、美味しい~と子どもたちはパクパクでした!
IMG_1580_convert_20080424235425.jpg

プラ(メイン)はColinという白身の魚の生クリームソース添え。
そう、ノルマンディ料理といえばこの生クリーム。あとバターとかチーズとか乳製
品が特産なんですよね。とって~も美味しいんだけど、最後の方はやっぱり胃に
もたれてくるから残念…もちろん残さずに食べましたけど。付け合わせのご飯が
妙に嬉しかったりする~やっぱり日本人なのよね…
IMG_1582_convert_20080424235636.jpg

デザートはメレンゲのケーキ。ラム酒のきいた
レーズン入りのスポンジケーキの周囲はメレ
ンゲに覆われ、ふわふわ~
IMG_1584_convert_20080424235826.jpg

お店の外観を撮るのを忘れ、せめて店内の写
真でもと思ったのですが…二女のお尻がアッ
プですねぇ…スミマセン
IMG_1586_convert_20080425005351.jpg


f_03.gif



二つのランキングに参加中!
ランキングがUPするとやる気もUP
応援よろしくお願いします

ノルマンディへ-お城編

この週末から子どもたちは2週間の春休み。
早速昨日は家族でノルマンディ地方へ出かけました
行き先はお城、と言ってもベルサイユのような豪華絢爛なお城ではなく、château fortと呼ばれる城塞です。フランス国内をあちこちするたびにいろんなお城が残っていて、今までにもあれこれ訪れましたが、我が家はすっかり中世の城塞のトリコにカッコイイ!!

パリから車で1時間ほど走ればそこはもうノルマンディ~。のどかな田園風景が広がります。今回は二つの城塞を訪ねました!

まずLes Andelys(レ・ザンドリー)という町にあるChâteau Gaillard(ガイヤード城)。
セーヌ川を見下ろす断崖絶壁にあります。
IMG_1565_convert_20080422223851.jpg

イングランド王リチャード1世により、1197~98年に築城。この時代ノルマンディ公国は英国領だったんですね。1203年フランス国王フィリップ2世により陥落。その後英国との100年戦争を経て、400年後にフランス国王アンリ4世によって崩壊されました。今では廃墟が残るばかり…儚さを漂わせていました…
IMG_1570_convert_20080422224321.jpg

でも、城跡から眺めるセーヌ川と町の美しい風景は昔のまんま
IMG_1566_convert_20080422224204.jpg

当時はこんなに立派なお城だったんですかねー。円筒形の塔はこの時代には
最新の技術だったそうです。
IMG_1575_convert_20080422224725.jpg

廃墟とは言えまだまだいろんな跡形が残っています。
城壁には矢を放つための小窓、矢狭間がありました。
IMG_1577_convert_20080422225312.jpg

次に訪れたのはChâteau Gisors(ジゾール城)。ガイザード城に比べるとかなり保存状態がいい様です。イングランド王ウィリアム2世によって1097年より築城。可愛い?お山の上に乗っかったお城は初めてで何だか妙…?ここはモット(小山)・アンド・ベーリー(外壁)という形式のお城で、堀を作るのに掘り出した土を盛り上げて作られた人工の小山なんですって。最終的には、フランス革命の時に王室にかかわるものという理由でこの城も攻撃されました。
この小山には余談があって、この下に誰かの墓があって沢山の宝物が眠っているという噂が広がり、しばらく発掘の穴がいくつも掘られた時があったとか。でもこの小山自体そうしっかりしたものじゃなく、主塔ごと崩れる危険もあるということで町が発掘を禁止し、すべての穴が埋められたそうです…。真実はどうなんでしょうねぇ???
IMG_1597_convert_20080422225810.jpg

これがドンジョン=主塔。ドアは2階の小窓で、ロープで登らなきゃいけなかったそうです。大変だ~!!
主塔の下の広いホールには冷蔵庫やオーブン、礼拝堂の形跡も残っていました。
IMG_1606_convert_20080423080243.jpg

主塔のある小山を中心にかなり広く城壁で囲まれています。写真は城壁から見下ろした町の風景。
IMG_1596_convert_20080422225439.jpg

先程のガイヤード城の前にリチャード1世はこの城にもいたようです。
彼は勇敢な軍人としてその人生をほとんど戦いで費やしたとこから、
別名ライオンハートと呼ばれ、旗にも通常3匹のライオンが描かれて
います。
IMG_1605_convert_20080422225901.jpg

迷いそうなくらいの広い地下室にはあちこちに通路が広がり、
沢山の冷蔵庫がありました!温度は年中約12度だとか。
IMG_1607_convert_20080422230007.jpg


中世へのタイムトリップを楽しんだ一日…古いものに触れてその時代を想像するの、たまらなく好きです

f_03.gif



二つのランキングに参加中!ランキングがUPするとやる気もUP応援よろしくお願いします

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。