フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOSHIKIパリ公演発表~!!

YOSHIKIに興味をもち始めたのはつい最近のこと。日本にいるときに一度も彼らの音楽を聴いたことないし、名前は知ってる、くらいで…そんな私がこのニュースにびっくり仰天したいきさつとは…?
私が日本語を教えている二十歳の二人の女の子達、日本の情報にまあ詳しいこと!!一人はGACKT、もう一人は松潤のファンで、CDを貸してくれたり、携帯にダウンロードした写真を見せてくれたり。まさに、逆輸入?状態…(PCのおかげで世界は狭くなりました~)黄色い悲鳴を上げながら話す時の二人の様子が可愛いし可笑しくて、「へ~、そうなの~」と楽しく聞かせてもらっています。ファンを語る若い女の子には、国境はないのようですね 今度5月にL'arc en cielコンサートもパリであるんだけど、チケットを買った一人の子が嬉しそうに「写真とか見せますからね!」と話してくれて、私もすごく楽しみ!! でもなあ。日本のグループがパリでライブ?そんなことが起こりうるの?時代の流れにとまどう私でもありまして・・・。
それで、この二人からYOSHIKIがピアノが上手だと聞いたもので早速you-tubeで検索。私は“ピアノ上手”にとかく弱い長年彼の大ファンである細木和子の番組に出演しているのを見ましたら、本当に噂どおり!!彼のピアノに一瞬で心奪われたのでした「あ~、私も生で聞いてみた~い。でもフランスにいるから無理だなあ」と思ってたところ、、、
な、な、なんと、7月5日にパリ公演っていうじゃないですか!!!えっ、うそ???私のために来てくれるのぉーーーって思っちゃいましたよ、一瞬。(まだX JAPANのことをよく知らないのに、厚かましくてごめんなさい)でも!行きますよ、絶対に!!!何があっても!!!
番組を見て思ったんですが、彼のピアノもさることながら、生きてる姿がカッコイイ!!すごい情熱とエネルギーを持ちながらも繊細で、一途で…。同じようにGacktも歌や楽器がとても上手で、すごく一本気なとこと繊細なところがある?そんな極端な二面性が魅力になってるのかな?
彼女たち曰く、フランス人より日本人の方がカッコイイそうです。そう?と言いながら、日本男児の良さを見直す今日この頃只今フランス人の若い子に大人気のドイツの「TOKIO HOTEL」よりは、日本のロックグループの方が断然いいと思う!!これは、確か!!しかもフランスのロックはなので、、、

X JAPANの皆さん、思う存分フランス人の心を魅了してください~~


MME.細木和子の番組出演の一場面もどうぞ!





二つのランキングに参加中!どうぞよろしく~

スポンサーサイト

chou(シュー)いろいろ

フランス語のシュー。そう、シュークリームのシューです辞書を見るとキャベツと書いてありますが、マルシェやスーパーに行くといろん~な種類があるんですよ。
こちらで一般的なのはchou vert(緑色のシュー)。日本では見かけないような?私たちにも馴染みのある白キャベツはchou blanc(白色のシュー)、紫キャベツはchou rouge(赤いシュー)、白菜はchou chinois(中国のシュー)、カリフラワーはchou fleur(花のシュー)、そして芽キャベツはchou de Bruxelles(ブリュセルのシュー)と言います。

私はどのchouも大好きでよく料理しますが、今日はchou vertを使った簡単料理をご紹介します。材料は下の写真の通り。chou、じゃがいも、玉ねぎ、塊のベーコンを用意します。
IMG_1521_convert_20080330025317.jpg


この塊ベーコンはママンがマルシェ内のイタリア食材店から買ってきてくれるのですが、黒胡椒がピリッと効いて本当に美味しいんです。脂身も多いのでカロリーが気になるところですが、このベーコンは食べるためというよりも“だし”。適度な塩分と脂分と黒胡椒がより料理を美味しくしてくれるのです。でも、私は赤みのところだけは食べます。美味しいんですもん。

作り方は少々の油を熱しベーコンをよく炒め、脂が出てきたところで玉ねぎを炒め、適当な大きさに切ったじゃがいもとchouを加えて少し水を加え、タイムをのせ(生でも乾燥でも)、蓋をするだけ!
IMG_1524_convert_20080330025418.jpg

20分くらい待つと、じゃじゃ~ん、できあがりです
蒸してあるので意外にあっさりしていて、少しにがみのあるchou vertがまた美味しくて~。
メインの付け合せはもちろん、この一品にチーズを組み合わせただけでも十分満足chou vertの代わりにほうれん草でもいいかもしれませんね。ベーコンの代わりには生ハムもいいかも。個人的に少しにがみのある野菜がいいような気がします。自分のお好みで、お試しくださいね。





二つのランキングに参加中!よろしくお願いいたしますm(_'_)m

歩いた、歩いた

水曜日の午後は、長女の日本語補習校の日。そして月に一回はその後に矯正歯科へはしごします。
今週の水曜はその“はしご”の日でした。あ~憂鬱でも行かにゃあなるまい…。その日の足跡は次の通り。
12:30我が家を出発⇒メトロ⇒13:30補習校着(私と二女はマクドで数字の遊び兼お勉強しながら時間つぶし)⇒14:45補習校へお迎え⇒メトロ⇒15:20デパートに到着(バーゲン中で長女のジーパン探し)16:00デパートを出発⇒メトロ⇒バス⇒17:00矯正歯科に到着⇒17:30診療おしまい⇒バス⇒メトロ(疲れのためか反対方向に乗ってしまい、一度出てまた乗りなおす)⇒メトロの駅でクロワッサンを買う⇒18:00すぎ我が家到着。ほっ。

家を出てから約5時間半三人でうろうろうろ…娘たちよ~、お疲れさま]帰ってからみんなで食べたクロワッサン、美味しかったね

便利なボンヌママンの空き瓶

IMG_1539_convert_20080327060424.jpg

主婦してると、だんだんケチになります半分イタリア人の夫と一緒だと尚更?フランス人もお金を使いたがらないけど、イタリア人はその上をいくようです。うちの夫、通りに落ちてたものを拾ってきたり、人から貰ってきたり…だから我が家には、私にはガラクタにしか見えないものが沢山!!!でもね、確かに世の中無駄が多いというか、すぐに新しいものを買い足してしまうけど、よくみると周囲にはまだまだ使えるものが結構あるんですよね~

最近では私も買う前に何か使えるものはないか当たりを見回し、やりくりするようになりましたその中でも気に入っているのが、ボンヌママンの空き瓶チーズの箱を使った収納。あまりにも有名なかわいいジャムの空き瓶は、活用されている方も多いでしょう。私も台所ではハーブや天然塩、角砂糖やキャンディを入れたり、ほかにもスペアボタン入れにしたり。あと自家製ジャムにも使います。日曜大工をする夫は、釘や小さい部品入れに・・・本当に大活躍してくれてます。(そうそう、去年の夏日本でフリーマーケットに出店した時、10個くらい持っていった瓶があっという間に売れて、びっくりでした

こんな小さな瓶もあります!
IMG_1558_convert_20080328065925.jpg


ボンヌママンの瓶と同じくらい便利なのが、このチーズの箱。
IMG_1542_convert_20080328023523.jpg

子どもって小さなおもちゃや切抜きとか、「もう捨てちゃえば~」と言いたくなる物も大事にとってません?そういうものもこのチーズ箱に入れちゃえばすっきりするし、瓶とは違って軽くて危なくないし、いくつか重ねちゃうこともできるし!
アイデア次第で、いろん~な収納に使ってみてはいかがでしょう



フランス料理の定番、ステーキ&フリット

IMG_1552_convert_20080326010424.jpg

この週末は日曜がPAQUES(パック=復活祭)で、月曜もお休みでした。フランス人はクリスマスと同じく復活祭も親戚一同が集うようです。我が家の親戚はママン方はいないし、パパ方イタリア人の親戚が少しだけ…残念ながらパパはもう亡くなっているのですがでも、さすがはイタリア人年に2,3回一緒に食事をしますが、楽しいですよ~。その模様はまたいつかお知らせしますね
前置きが長くなりましたそんなわけで昨日は家族皆で食事に出掛けました行き先はグリルレストラン『hippopotamus(イポポタミュウス)』。カバのマークが目印です。メニューはステーキ~フランス人の大好物ですが、私も時々無性に食べたくなるんです~メタボなのに~~
ここはフランスでは数少ないファミリーレストランのチェーン店お得な子どもメニューはあるし、待ってる間に遊べるぬりえと色鉛筆もくれるし、帰りには手を離すと飛んでいってしまう風船(実際に飛んでしまい、またもらいに戻った)もくれるし・・・子供連れだとこういうサービスが嬉しいんですよね~肝心のステーキもまあ手頃な値段で、チェーン店なのにウマイと思う味にうるさいママンも美味しいと褒めてたし。ステーキのお肉はスーパーで買っても高いし、焼き方が難しいからレストランで頂くに限ります、私の場合。本日は、お肉はBavette(バベット)、ソースはエシャロット、付け合せはフリット(フライドポテト)ではなく(一応気にして)いんげんを選びました~。

パリ市内のあちこちにお店があるので、こちらに来られてもしお店選びに迷われたら、ぜひ行ってみてくださ~い!!でもね、日本の焼肉には負けるけどね…

豆乳入り、私流キッシュ

IMG_1545_convert_20080324030623.jpg

前回の砂糖のタルトに続いて、同じくパイシートを使った料理を紹介します。
このパイシート、本当に重宝してますフランスのスーパーで見かけるパイ生地は二種類、feuilletée(フィユテ=折込パイ生地)とbrisée(ブリゼ=練り込みパイ生地)があります。サクサクの層になる折込パイの方が日本では一般的でしょうか?私は両方でキッシュも砂糖タルトも作ります。なるべくバーゲン品を買うので、ある方で作るんです。どちらを使ってもちょっと違った味わいになって美味しいですよ~
今日のキッシュの具はツナとトマト。ほかにも、玉ねぎやポロネギ、ズッキーニなどなど冷蔵庫にある野菜、ツナの代わりに鶏肉を使ったりします。なんと便利な一品でしょう!!ほうれん草+サーモンなんてのもいいですね~。作り方も超簡単パイシートの上に具を乗せて、卵と豆乳を溶いたものを流し込み、グリュイエールチーズ(とろけるチーズでOK)を散らして焼くだけ!
私流なのは、通常は卵に生クリームを混ぜますが、カロリーダウンのために豆乳に代えて。あとタイムも少々散らします。盛り付けにサラダを添えれば、じゃじゃ~ん、美味しい+ヘルシー+お洒落な一皿メニューです

パイシートをつつくのはいつも二女の仕事(遊び?)で~す!
IMG_1544_convert_20080324164919.jpg




簡単すぎ~な砂糖のタルト

日本人向けに無料で配られる新聞や情報誌をいつも見ます。政治的なことから暮らしの情報までいろんなことが載っていて実に為になるのですが、中でも楽しみにしているのがレストランとお料理の欄。「お~っ!」と思った記事は切り取ってファイルしています

先日はそのファイルの中から《砂糖のタルト》を作って見ました!
IMG_1541_convert_20080323002105.jpg

ちょっと焼き方が足りなかったかな?見かけはいまいちですが、私が知っているお菓子の中では一番簡単!!“パイ皮の上にプリンがのってる”感じで、美味しかったですよ~。一緒に作った子どもたちも大喜びでした。
IMG_1540_convert_20080323003641.jpg

材料はパイシート一枚、生クリーム200CC、卵1個、ブラウンシュガー大さじ6杯、バター少々。
作り方は①パイシートをタルト型におさめて、底をフォークでつつく。②ブラウンシュガーを大さじ5杯ばらまく。③生クリームに卵を混ぜ②の上に流し込み、大さじ1杯のブラウンシュガーを散らし、バターをちょんちょんとのせる。④180度のオーブンで30分、きれいな焼き色がついたらできあがり

送り迎えはつらいよ

010_10_convert_20080321051256.jpg

こちらの子育てで大事なお役目が《子どもの送り迎え》結構大変なんですよ、これが!!!特にうちは二人の学校が離れているので益々…朝は上の子はおばあちゃんにお願いして下の子を8時40分までに連れて行き、給食がない日は11時半にまたお迎えに行きます。そして夕方、下の子の給食がある日は16時15分に迎えに行き、いったん16時40分頃帰宅。その後上の子のお迎えに17時頃出かけ、学校はメトロで2駅なので、帰りは18時頃。結局2時間二つの学校をあちこちしなくちゃいけないんです~しかも徒歩でこれが毎日って大変じゃありません?私の根性なし?
この送り迎え、どこの家庭でも大変なんでしょう。こちらのママは大抵仕事してるし。だからパパは当たり前!!おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、お兄ちゃん、お姉ちゃん…親族一同が借り出されてる模様ですでも子どもたちには家族の愛が感じられていいかも。帰る途中に「今日は何したの?」とか会話もできるし。そして何よりも子どもの安全のためには一番の方法だと思う。日本の悲惨な事件を耳にする度に、当番制でもいいから家族が送り迎えをしたらいいのになあと思うんですけど。
ちなみに送り迎えは学校だけじゃなく、習い事も然り私は水曜の午後は上の子の日本語補修校のためにパリまで3時間半往復します~。もうへとへと…なのに、どうして、痩せないの~~~

旦那さまは運命の人?

こちらのTV番組あまりおもしろくありません手っ取り早いのか、映画をただ流すだけが多数…最新のいい映画は有料チャンネルだし、まあその分本を読んだりできるからいいんですけどね。
でも昨夜は私の好きな「めぐり逢えたら」があったので、もう何度も見たけど、また見ちゃいましたこの映画、何度見ても飽きないんですよねえ、私には。見た後心地がいいというか…。まず音楽の選曲がいいし、クリスマスやNYなどの映像もキレイでお洒落だし、ロマンティックだし、子役は可愛いし、トム・ハンクスとメグ・ライアンは大好きな俳優だし。
ストーリーも好き嫌いが分かれるでしょうが、ラジオから聞こえてきた知らないトムの声が忘れられなくて、メグが遠く離れた彼の自宅まで会いに行くのって私にはわかるんだなあ。“運命を感じる”んです。
私がこうしてフランスに来てしまったのも、実はこの映画が大きく影響したことは否めませんバカですね、はっきり言って実際の結婚生活は映画のようにはいきません!ずいぶん傷つけ合いもしたし、これからもいろんなことがあるでしょう。それでも、やっぱり、旦那さまは“運命の人”、というか縁があるんだなあ、と相変わらず思ったりする私って相当めでたいというか、救いようのないバカですかね…
Music-Clipもどうぞsleepless in Seattle 

子どもの絵が大~すき!!

IMG_1522_convert_20080319093059.jpg

先日午後から娘たちの友達Yちゃんが遊びに来てくれました。家族ぐるみのお付き合いで、半分姉妹のような存在です。うちの娘たちのちょうど真ん中の年なので、三人並ぶとまさに大中小今日はちょうど彼女の名前の日ということで(カレンダーには毎日聖人の名前が書いてあります!)、朝からお祝いのデッサンを描きましたそれにしても子どもの絵ってどうしてこんなにカワイイんでしょうか毎回感動させられます。全部大事にとっています。親バカですみませんでもいつか額縁に入れて飾りたいなあ。

ちなみにこちらでは、写真のようなお絵かきセット(?)が売られています。
IMG_1526_convert_20080318023241.jpg

日本にもあるのかなあ?サインペン、クレヨン、色鉛筆、水彩絵の具などが色も豊富に入っていて、とても便利ですよ~。
ちなみにちなみに、フランスではクレヨンは鉛筆のことで、クレヨンはパステルと言います。ちょっと複雑???

強風の日はシャボン玉?

IMG_1528_convert_20080322073618.jpg

こちらはここ2、3日強風が続いています台風?それとも春一番?なんだかよくわかりませんが、こんなに強風の日が続くのは珍しいことです。ならばシャボン玉でもやってみようかあ~ということに。
結論から言うと、無風は飛ばずにいけませんが、風が強すぎてもあっという間にあちこちに飛んでいってしまい、なんだかせわしい感じですでも口で吹く前に勝手にシャボン玉になって飛んで行ってくれるのは疲れなくていいかも子どもたちは自分で膨らませるより、私が膨らましたのを追いかけるのが楽しいようなので、ずっと吹き続けていると頭がちょっとクラクラ~するもんで…。
でも、やっぱりシャボン玉はきれいだなあ青空に高く高く舞い上がっていくのを眺めながら、癒されちゃいました

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。