フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン観光③大英博物館~ロンドン・アイ

じゃ~ん、大英博物館の正面玄関です。
よく考えたら15年ぶり~!?(そんなに昔だった気がしないけど…)
british museum10-1
小さい頃から歴史が好きで古いものが好きで、
大英博物館へ行くのは夢でした。
初めて訪れた15年前もロゼッタ・ストーンやミイラなど一通り見たんですけど、
印象に残っているのは、その時一緒だったオットが
“古代ローマ人の像によく似てるよなあ~”ってことくらい…
やっぱり解説がないとせっかくの貴重な収蔵品もよくわからないので、
今回は前もって日本語ガイドさん付きのツアーに申し込んでおきました。
british museum10-4
約1時間半の間に広い館内の主要な展示物を案内してくれて、
ガイドさんの話はとても興味深く、予想通り大満足でした
離れていてもガイドさんの声が聞こえるオーディオフォンもあって、
便利でよかったです。
自分用の記録も兼ねて、印象に残ったものをいくつか書きます。
(ごちゃごちゃと長くなってしまいますが、ごめんなさい!!)

★写真はありませんが、もちろんロゼッタ・ストーン

british museum10-7
★アッシリア王アッシュールバニパル(Ashurbanipal)の
 ライオンハンティングの図(紀元前645–635年)は、ニネヴェの宮殿に飾られていました。
 ライオンの狩は当時の王のスポーツであり、アッシュールバニパル王は
 勇敢であると共に、教養にも大変溢れていたそうです。
british museum10-8
★古代ギリシア時代、アテネのパルテノン神殿を飾っていた彫刻の数々。
 さまざまなギリシャ神話が描かれています。
british museum10-9
ラムセス2世(Ramesses II)の像は、
 テーベにあるラムセウム(葬祭殿)から運ばれました。
 古代エジプト第19王朝のファラオで、あの時代に90歳まで長生きして、
 生涯で100人以上の子孫を残したとか!
british museum10-10
★二階へ上がる階段の壁には、古代ローマ時代の床のタイルが展示。
 現在の絨毯の基にもなっています。
british museum10-11
ポートランドの壷(Portland Vase)
 西暦25年頃、古代ローマでつくられたカメオグラスの壷。
 名前は1785~1945年に所有していたポートランド公爵家に由来。
 ガラスは二重構造になっていて、上部の白いガラス部分を彫るという手法で、
 彫刻の美しさにはもう言葉にならない。。。
 実はこの壷、1845年に酔っ払った見学者が壊して128の破片になってしまいますが
 博物館の職員により見事に修復されました。
 british museum10-13
★ポートランドの壷のコピー
 と言っても、この壷に魅せられたウエッジウッド社の創立者、
 ジョサイア・ウェッジウッド氏によってつくられたものですから、
 こちらも立派な芸術品。
 しかもこのコピーが破損した壷の修復にも役立つことになって、
 まさかウエッジウッドさん、予感してた?。。。(笑)
british museum10-12
ルイス島のチェス駒(Lewis Chessmen)
 写真がよく撮れてませんが、『ハリー・ポッター』で出てきたチェスは
 これがモデルになっています。
 12世紀頃につくられたもので、スコットランド北西部・ルイス島で発見。
british museum10-14
死者の書やミイラ。
british museum10-3
★前回はなかったグレート・コート。
博物館の中庭だったところ全体に屋根が付けられ、
とても居心地のよい空間になっています。
設計は世界的に有名なイギリスの建築家、ノーマン・フォスター氏。

またゆっくり行きたいなあ。
見学のプランはコチラを参考にするのもよいかも!

さて、この日はまだまだ終わらないのだ~!!
fishchips-resto.jpg
fishchips.jpg
博物館近くのイギリスらしい雰囲気のレストランで
イギリス名物フイッシュ&チップスを食べ~(もちろんギネスビールもネ^^)

向かった先は、ロンドン・アイ
london eye10-5
london eye10-3
london eye10-4
30分間の空のお散歩は~楽しかったね~~~
インターネットで予約していたので、すぐに乗れたしね~
big ben10
ロンドン・アイはウェストミンスター橋のすぐ横にあり、
橋の向こうには世界遺産のウェストミンター宮殿(通称ビッグ・ベン)と
ウェストミンスター寺院があります。
もう夜9時頃で中には入れず残念でしたが、
ゴシック建築が大好きな妹が外観だけでも見て喜んでくれたのでよかった、よかった


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



スポンサーサイト

ロンドン観光②護兵交代式

ロンドン二日目は、まずバッキンガム宮殿から。。。
私は三度目のロンドンでしたが、
初めてChanging of the guard(護兵交代式)を見に行きました

ととところがーーーー着きましたら、ななにこの人出ーーー!!!
宮殿前はとにかくいっぱいで、通路を通りながら、どうにか見れる場所はないかと
隅に止まってみたりしたものの、さすがきちんとしたイギリスのお巡りさん、
見逃してくれませんでした
仕方ないので、中央の広場へ行き、これまた妹のガイドブックによると
行進はTHE MALL通りからやって来るそうなので、
一応その通りの正面にスタンバイ。


お~ホントにやってきましたよ!!
ガイドブックのおかげで少しでも拝むことができてよかった~^^
でなきゃ、なんのためにこんなキツイ思いを。。。人混み嫌い~><
changing of the guard10-1
広場へ入ってきてこの後すぐに宮殿に行くようなので、後を追って宮殿前方面に
移動してみましたが、交代式は柵の向こうで行われるようで、見えるはずもなく。。。
changing of the guard10-3
実際に交代式を見れるのは柵の前にいた10%も満たない人達だけ。。。
changing of the guard10-2
あとの90%以上の皆さんは、
時々音楽と共にやってくる行進を見れたらまだラッキーってな感じで。。。

それにしても、すごい人でした
ディズニーランドのパレードよりはるかにすごかった(気がする?)。
でも、あれだけの人が見たくて集まって来るのだから、
行進も広場を一周くらいのサービスがあってもいいのではないか?と思いますが、
あれはスペクタクルではなくて儀式ですもんね、仕方ないか^^;

交代式は午前11時半から、開催日は季節によって違うようなので
コチラを参考に、お早めに(!)お出掛けください^^
夏の間は宮殿の中も見学できるそうなのですが、
残念ながら時間がなく、大英博物館へと向かいました。
二日目後半へ続く。


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


ロンドン観光①ラッセル・スクエア界隈他

朝6時に起床して、8時7分発のユーロスターでロンドンへ。
eurostar10-2.jpg
ユーロスターは、パリ北駅から出発し、
st-pancras10-1.jpg
約2時間半ほどでロンドン、セント・パンクラス駅に到着します。
ユーロスターは10年以上前に乗った時よりも汚くなってました
あの時は「カッコイイなあ~」って感動したのに!!ちゃんと掃除しておくれ。。。

st-pancras10-2.jpg
時計塔が空高くそびえるセント・パンクラス駅は、
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』で出てきましたよね~
空飛ぶ車がかすめて飛ぶシーン!!
そして~お隣にはキングス・クロス駅~~~
そうです~ホグワーツヘの列車が発車する駅ですよ~
この日は徒歩15分ほどのホテルへすぐに向かったので、
“プラットホーム9と3/4”は後日訪れることに。

ホテルに荷物を置いてから、さあ観光だ~!!
一日目は、とにかく歩いて移動しました。
というのも、ロンドンの地下鉄は1回券が4ポンド(約500円)もするのですよ
パリだったら10枚券が1200円で買えるのに~~~
ガイドブックによるとプリペイド方式のオイスターカード、
もしくはトラベルカードを買うのがお得らしいのですが、
どちらがよいのかいまいち???で、
歩けばタダだし妹と私は少しでも脂肪を燃やしたいし
ホテル近辺の地理も把握できるし

妹が『ナショナル・ギャラリー』でゴッホのひまわりが見たいというので、
とりあえずホテルから西へ向かって地下鉄のRussell Square(ラッセル・スクエア)駅へ。
hotel russell square
15分ほど歩いていきなり見えてきた立派な建物『ホテル・ラッセル』でした。

駅前には『TESCO』という24時間営業のコンビニがあって、
お昼にサンドイッチを買ってホテル前の広い公園で食べました。
tesco10-2.jpg
tesco10-1.jpg
パンやドーナツなども写真のように豊富で、
おやつと翌日の朝ごはんもここで調達~
サンドイッチ+ポテトチップスの小袋+飲み物=2ポンドなんて
お得なパッケージもあって、『TESCO』お薦めです☆
ロンドン市内あちこちで見かけたので、ぜひお立ち寄りください!
大英博物館が近いこの界隈はいろいろと便利そうで、
次回はこの駅の近くに宿を取りたいです。
russell square10-1
russell square10-2
お腹も満たされ~娘たちはしばし噴水と戯れて~さあ、また歩くわよ!!

大英博物館を通り過ぎて、ナショナル・ギャラリーのあるトラファルガー広場に向かう
Charing Cross Rord(チャーリング・クロス・ロード)は人が多くて、
歩くのに大変でした
priscilla.jpg
rock you
途中あちこちでミュージカルの劇場を見かけて~
あ~ロンドンだわ

trafalgar10.jpg
ライオンの像でお馴染み、トラフファルガー広場。
証拠写真はありませんが、おおぞましいくらいすごい人でした
(年と共に人混みがダメになってます・・・)
national gallery10
広場の前、正面の建物がナショナル・ギャラリーです。
当然のことながら、美術館の中もすごい人・・・
お目当ての絵をとにかく見て、出ました^^;
ゆっくり鑑賞するといった感じではありませんでしたが。。。
でも、あれだけ立派な絵画が無料で見れるのはすごいですね。

そんなわけで一日目、かなり歩きました!
私は前夜、準備で3時間ほどしか寝てなかったので夕方5時くらいにはもうくたくた~
早い夕食を済ませ、もう歩けないのでタクシーでホテルへ帰り、
確か9時頃にはみんなで就寝しました
二日目に続く。


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



ロンドンからハロ~

お久しぶりです!
楽しかった妹との休暇もあっという間に過ぎてしまい、
昨日、日本へ帰って行きました。
いつものことながら空港では涙、涙の別れ。。。
(うちは姉妹揃って涙もろいもので・・・^^;)

身内を褒めるのもなんですが、でも~
妹は私とは違って小さい頃から心底優しい子で、
彼女がいてくれた間、
私だけでなく、娘達、オット、そしてママンまで
みんなの笑顔がいつもよりずっと幸せそうでした
優しさって伝染するんですよね。

パリは昨日から雨が降りっぱなしで、まるでわたしの心のようなお天気ですが。。。
寂しがってばかりもいられないので、またいつもの生活をがんばらなくては!
ブログもマイペースですが更新するつもりですので、よろしくお願いします☆
コメントを残してくださった皆様、お返事が遅れてしまってごめんなさい!!!

さて~
ロンドンは、伝統と新しさが混じった、エネルギッシュな街でした
London2010-1.jpg
ロンドンと言えばこの景色、ビッグ・ベンとテムズ河。

London2010-2.jpg
パリと違って建物も、新しいもの、古いものが混在していました。

London2010-5.jpg
地下鉄の車両の色と形がポップ~!カワイイ~!

London2010-4.jpg
「魔法省へ降りるエレベーターだ~」
母娘で大好きな『ハリー・ポッター』の足跡もあちこちたどって来ました!

London2010-6.jpg
お菓子だってカラフルでポップ、ポップ~
ロンドンならではの美味しいものももちろん(!笑)食べてきましたヨ~

London2010-3.jpg
2世代姉妹女4人イギリスの旅、しばらく続きま~す


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


特産品いろいろ

パリへ帰る日、
バカンス村のあるMaurienne地区中心の町、
Saint-Jean de Maurienne(サン・ジャン・ド・モリエンヌ)へ寄りました。

実は歴史的にも古い町で、二日前にもガイドさんの案内を聞きながら
一日じっくり歩いたんですけどね。
その時ガイドさんがお昼に食べさせてくれたミニサラミがとっても美味しかったので~
ガイドさんにお店を聞いて、わざわざ買いに寄ったのです~^^;
carrez10-3.jpg
これがそのミニサラミ。止まんないくらい美味しかった!!
carrez10-2.jpg
サラミを買ったお肉屋さん『Carrez』。
carrez10-1.jpg
お肉はきれいだし、ソーセージもいろんな種類があったり、
あとクスクスとかパエリアとかお惣菜もいっぱいで~~~
店中どれも美味しそうでした
このお店がうちの近くにあったらどんなに幸せなことか!!
次回バカンス村に滞在するときは、ここで食材を調達することに決めました(笑)。

この日は、ちょうどマルシェもあってラッキ~
まず、すぐに目に止まったのが・・・
marche(st-jean)10-1.jpg
これこれこれ、私が求めてたハチミツちゃん~~~
大好物なんです!けど~
スーパーで売ってあるのはいまいち美味しそうじゃないし、しかも高いから
滅多に買いません・・・
田舎へ行ったら買うぞ~と日頃から思ってたので、感動の瞬間でした!(大げさ^^;)

それにしてもいろんな種類があって、どれにしよう・・・
と迷っていたら~オーナーのマダムとその娘さんが説明してくれて、
味見もさせてくれました~^^
marche(st-jean)10-2.jpg
で、この三つを選んでみました。
右端のがよく見かけるハチミツの色ですが、
これは標高800メートル辺りのお花の蜜で、
左端の褐色のハチミツは、標高が確か1500メートル辺りで採れた蜜なんだそうです。
標高で色がこんなに違うなんてね~**
真ん中のは、フランボワーズのハチミツですよ。
前にプロヴァンスでラベンダーのハチミツを買ったことがありまして、
かすかにラベンダーの味がして、あれも美味しかったなあ。

というわけで、毎朝美味しい朝食を楽しんでおります♪
marche(st-jean)10-5.jpg
蓋もかわいい^^
marche(st-jean)10-4.jpg
お菓子とタイムのハチミツ入りの石鹸も買ってみました^^

marche(st-jean)10-6.jpg
ワインとリンゴと梨のジュースも~
どちらもビオ(自然派食品)です。

marche(st-jean)10-7.jpg
あと買わなかったけど、チーズ(トムTommeがサヴォワ名産)、
marche(st-jean)10-8.jpg
イタリアが近い土地柄、生パスタ売りのワゴンカーも来てました^^

やっぱり田舎は美味しい食べ物が身近で手に入っていいなあ~~~
将来は田舎に住みます、私!(但し、大きな町が近い田舎^^;)

そうそう、サン・ジャン・ド・モリエンヌと言えば・・・
世界的に有名なものがあるんですヨ!
opinel2.jpg
OPINEL(オピネル)の折りたたみ式ナイフ。
いろいろと使えそうですが~
多分ピクニックの時にサラミを切ったりするのに使われるのではないかと~^^;
opinel1.jpg
マイ・オピネルをゲット
博物館の売店にはいろんな種類があって迷いましたが~
定番のものと皮のケースも一緒に~うふふ。

気がついたら、サヴォワでの日々から早一ヶ月が・・・
一昨日妹が無事に到着して、10日間滞在します^^
明日からいよいよロンドンへ行ってきます♪


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ




小さな村の可愛いお家

ももふさんのリクエストにお応えして~
montricher7.jpg
食器棚のアップ写真をどうぞ☆写真がいまいちですけど~


さて、今回の村は・・・
前回の村よりもさらに小さな村、Albanette(アルバネット)。
住居数が確か13件ほどだそうです。
albanette10-3.jpg
ここが村の入り口ですが、
ごらんの通り狭くって~車は進入できません。
どこが公道か私有地なのかわかりにくかったり、
あまりに静かで村中に私達の声だけがこだまして・・・(しかも娘達の喧嘩だったりするし^^;)
観光客が勝手にウロウロしていいのだろうか・・・
と、ちょっと恐縮しながらお家拝見
albanette10-2.jpg
石を積み上げて造られたお家、いいなあ
暖炉用の薪もきれいに並べてあって~いいアクセントになってますよねぇ~

albanette10-8.jpg
正面のお家はもう誰も住んでいないみたい・・・
改装して住もうかしら・・・(ウソです^^;)

albanette10-1.jpg
このお家のお庭がきれいで、しばらく見惚れてたら~
マダムがちょうど出てきて、ちょっとお話しました^^
「ドアの前のプチテラスを今日ちょうど完成させたのよ!」って嬉しそうなマダム。
多分50歳後半くらいかなあ~とってもイキイキとした、素敵な人でした^^

写真では見えにくいのですが、
ドアの横には「Laetitia(レティシア)のお部屋」と書かれてあって~
お子さんの名前かなあ~と思っていたら、マダムのおばあちゃんの名前なんですって。
戦時中この村の男性たちもみんな戦争へ行ってしまい、
未亡人になってしまったおばあちゃんは同じ境遇の女性同士二人で
ここで暮らしていたんだそうです。
albanette10-4.jpg
こちらが見惚れてたお庭~
きれいに手入れが行き届いていて、見てて気持ちがいい
横にはテーブルと椅子もあって、置いてあるクッションがまた可愛くって~
夢のような空間でした
この写真ではいまいち雰囲気が伝わらないのが残念だけど・・・
私も将来はこんなお庭を作りたい~

「裏には湧き水もあるから見て行ってね!」と言われて、
お家の横を通らせてもらったら・・・
albanette10-5.jpg
お~裏側はまたなんと可愛いんでしょう!!!
この村全体が斜面になってるので、玄関はあんなに小さいのに
実は三階建ての大きなお家でした。
中はどうなってるんでしょうねえ。。。
albanette10-7.jpg
冷たい湧き水をペットボトルにいっぱい入れて帰りましたとさ^^


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。