フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またね、ロンドン。

夏休みのイギリス旅行から3ヶ月近く経つのですが、
今でも時々思い出に浸っております・・・

今回の旅行はこの本をお供に出掛けました^^

ハリー・ポッターをはじめ指輪物語、アリス、ピーター・パン、くまのプーさん、ピーターラビットなど
あまりにも有名で素敵な、イギリスのお話の舞台が紹介されています。
実はお友達がこの本のカメラマンで、ずっと前に頂いたものなんです。
で時々めくっては~「全部廻ってみたい」と密かに胸をときめかせておりました(笑)。

今回よーーーやくロンドンとオックスフォードを制覇
次は~湖水地方とエジンバラがいいなあ。。。

lonodon10-7.jpg
ホグワーツ特急が出発する“キングス・クロス駅”。
lonodon10-8.jpg
工事中で実際に撮影に使われた柱には近づけませんでしたが。。。
lonodon10-9.jpg
訪れる沢山のハリーファンのために
《プラットフォーム9と3/4》の看板とカートが設置された
記念写真コーナーがちゃんとあります~
lonodon10-10.jpg
こちらはラッセル・スクエア近くのアパート。
長女が「ママ、ここシリウス・ブラックの隠れ家があるアパートに似てない!?」っていうので
思わず写真をパチリ。
前には公園もあるしね~もしかしたら~ってドキドキしながら映画で見比べてみたら・・・
残念ながら違いました・・・でも1階の辺りや窓は本当によく似てます!

ほかにも“漏れ鍋”のあるレドンホール・マーケットや
謎のプリンスで死喰い人に壊されるミレニアムブリッジへも行きたかったけれど~
次回のお楽しみということで!

ロンドンと言えば、こちらも忘れちゃいけない!
notting hill10-5
notting hill10-2
キャス・キッドソンのお店
しかも~映画でお馴染みのノッティング・ヒル店ですよ~
notting hill10-3
この商店街は、マルシェのシーンで出てきたような~?
とっても庶民的な感じが好きでした。
でも、ノッティング・ヒル駅からここまで来る途中は豪華なアパートがずらり!
notting hill10-1
notting hill10-4
閑静な高級住宅地なんですね~
ヒュー・グラントの本屋さんは反対方向で、残念ながら行けませんでした。。。

再びロンドンの中心部に戻って・・・
lonodon10-11.jpg
この可愛い建物は、1924年に建てられた老舗のリバティデパート。
lonodon10-12.jpg
木がふんだんに使われた店内は広いスペースではないけれど、
伝統とこだわりが漂っていました。
“リバティ柄”のブラウスがやっぱり可愛かった~

lonodon10-14.jpg
今回は子連れでパブには入りませんでしたが~
今度はぜひビールが飲みたいな
(ホテルに帰って妹と缶ビールやシードルは毎晩飲んでましたけどね~^^;)
lonodon10-15.jpg
ロンドンブリッジからタワーブリッジへ向かうテムズ河沿いにも
素敵なパブが並んでいて~
お店横の河岸でも皆さん、楽しそうに飲んでいましたよ^^
lonodon10-16.jpg
タワーブリッジの夜景もなんて美しいんでしょう~

すっかり I LOVE LONDONまた必ず行きます!

だらだらと書いてまいりました(^^;)イギリス・ロンドン旅行記も
ようやく最終回~読んで下さってありがとう^^


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


スポンサーサイト

秋ですね。。。

気温は下がる一方、でもまだ、かろうじて秋のパリ・・・
いいお天気が続いてるので、今のうちに一生懸命拝んでおります(笑)

二女を学校へ送った帰りにマルシェに寄って
プラム、いちじく、梨など・・・秋の果物もよく食べてます^^

quatre-quarts aux poires1

最近、右下の“キャトル・カール・オ・ポム”のレシピを使って
梨の“キャトル・カール・オ・ポワール”をよく作ります。

quatre-quarts aux poires2

先日、長女のお友達が二人遊びに来たので作ってあげたら
「美味しーい!」と大感激され~
その後も「学校にも持ってきて~」とリクエストされてるそうです^^;
下のレシピだとちょっと小さめですぐになくなってしまうので、
倍の量にして大きな型で焼いてますが、同じようにふわふわ~

そう言えば、
banana cake
バナナのケーキも作りました。
この型と下のレシピ本、
ずいぶん昔に日本へ帰国したお友達にいただいたんですね。
最近ずっと使ってなくて、古くなりかけたバナナを見て思い出したんですが~
こんないいものをずっと忘れてたなんて!!
久しぶりに本をパラパラめくったら~
バナナケーキのようなシンプルな焼きケーキから
塩味ケーキ、蒸しケーキ、スコーンなどいろいろ美味しそう♪
次回はスコーンに挑戦しようかな~その時はまた書きま~す^^



昨日は、仕事の帰りにオペラ座界隈をぷらぷらしていたら
お友達のteruimimiさんにばったり会いました**
あさって家に遊びに来てくれる予定で~
「その時のお土産にと買ったんだけど、今渡しちゃっていい?」って
思いがけず紅茶をいただいちゃいました~^^;
ninas tea
帰り道にパン屋さんで大好きな杏とカスタードクリームのクロワッサンを買って
早速いただいきましたよ~teruimimiさん(笑)。
“マリー・アントワネット”という名前の紅茶、なんていい香りなんでしょう!!
バラの香りが一面に漂って~なんともいい気分に・・・素敵な紅茶をありがとね

vitamine.jpg
こちらはビタミン剤。
長女は水泳教室に提出する健康診断書、二女は予防接種のために
お医者さんへ連れて行った時
これも飲むように処方箋を出されました。
こちらは冬になると一気に日光不足になるので、
こうしてビタミン剤を飲むのです。
赤ちゃんのときは三歳まで確か毎日飲んでました。
小さいときは特に足が曲がるのを防ぐためなんだそうです。

最近は飲ませてなかったけれど。。。
冬の備えが出来てよかった!

automne10.jpg
秋の夕暮れ・・・
最近いろいろと落ち着かないことも多くって・・・
しばし、心が洗われるような~

marron10.jpg
最後に二女が日本語教室で作った栗。
今回は秋らしい話題で綴ってみました?^^


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

メニューが一つだけのステーキ屋さん

ひぇ~、こちらは一昨日から急に寒くなってきました><
最低気温が5℃以下・・・天気予報によるとしばらく続くらしく・・・
「えーーーもう~!?」・・・寒いの嫌い

先週の火曜(まだ暖かかったなあ~)、
パリへ帰ってきたパリスちゃんとランチをしました^^
二人の再会は、ほぼ決まって“ステーキ”を食べます。
普段は和食党の私、でもこちらのステーキは大~好き
で、肉好きのパリスちゃんが到着する度に~「肉食べに行こっ♪」ってなります(笑)。

今回は久しぶりに『Le Relais de l'Entrecôte』へ。
パリスちゃん行きつけのお店です。

relaisentrecote7.jpg

このお店にはなんとメニューがありません。
席に着くと可愛いウエイトレス姿のマダムがオーダーを取りに来て、
聞くのは焼き加減だけ!

1959年から通しているというその1つだけのメニューの内容とは・・・

relaisentrecote1.jpg
まず胡桃がのったグリーンサラダ、
relaisentrecote3.jpg
そして~自家製ソースたっぷりのサーロインステーキと細めのフリット。

ソースはご覧の通り緑色なんですけど、意外におとなしい味。
でもお肉の柔らかさとソースのまろやかさが相まって~癖になりますよ、これは
あと付け合せのフリットもここのは絶品!今まで食べた中で一番美味しいと思います!!

しかも~食べ終わるとお肉とフリットのお替りを足してくれるんですね~
二度楽しめて、得した気分♪

relaisentrecote2.jpg
こだわりのワインも揃ってます。
この日はパリスちゃんがすかさず「メゾン!」って
お店の自家製ワインを注文しました。
ちょっと若いお味だったけど、美味しかったです^^

「おなかはいっぱいだけど、デザートは別腹よ!」
とはまさにこの店のための言葉かも~
relaisentrecote4.jpg
だってステーキのメニューは一つなのに
デザートはこんなにあるんですよ(笑)。
パリスちゃんの話では、デザートもかなり自慢らしい。。。
特にお薦めのものには親切に赤線が引いてありました^^
relaisentrecote6.jpg
私は定番のチョコのプロフィットロール、
relaisentrecote5.jpg
パリスちゃんは赤い果物のサラダ。
きれいでしょう~しかも上からシャンパンを注いでくれます☆

メニューがないので値段がよくわからなかったんですけど^^;
このあとコーヒーも頼んで二人で85ユーロほどでした。
ちょっと贅沢なランチでしたが~たまにはね、自分へご褒美、ご褒美

実はちょうどこの日、
パリ中ストライキとデモ行進で大混乱でした。
見ているとお祭り感覚で楽しんでいる雰囲気でしたけど~^^;
長期化とともに暴動が起きたり、あとガソリンが供給されなくなったり、
お祭り騒ぎでは済まされない状況になってきているようです。。。
manif1.jpg
manif2.jpg
定年の年齢が60歳から62歳へ引き上げられることへ反対しているわけですが・・・
オット曰く、その根底には銀行を始めとする一部の人だけが優遇されている社会に
一般庶民の怒りが爆発しているのだと。。。

昨日は長女の中学校近くの高校でもデモがあり、
路上の車を壊したりかなり危険だったそうです。
高校生は定年が延びるとさらに失業率が高くなることを訴えているようだけど、
ただの“うっぷん晴らし”のような気もして。。。

ただでさえ移民問題とかなにかと複雑な問題を抱えている国なので、
このまま変な方向に飛び火しないことを祈るばかりです。
私もレストランの話が物騒な話に飛んでしまいましたが・・・


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



オックスフォードとハリーとアリス

うちは母娘で『ハリー・ポッター』の大ファンです
本は日本語、フランス語全巻が本棚にずらりと並び~
DVDもかなりの頻度で観ます。
で、一番のめり込んでいるのは何を隠そう、この私だったりします^^;

「この年になってちょっとおかしいんじゃないか?」と我ながら思いますが・・・
好きなんですね~あの世界が~!!
漏れ鍋、ダイアゴン横丁、ホグズミート、隠れ穴、そしてホグワーツ・・・
絶対に行けない憧れの場所(あ~やっぱり私ってヘンですか?)

なので、DVDを観てはあの世界に浸っております。。。

折角ハリーの国イギリスへ行くのですから~ロケ地を調べましたよ!
ロンドンの中にももちろんありますが、
どうもオックスフォードに娘達も喜んでくれそうな場所があるらしいので、
思い切って足を延ばしてみました^^
 
オックスフォードへはロンドンのパディントン駅から電車で1時間。
oxford10-1.jpg
駅前から乗り降り自由な観光バスが出ていて、
家族料金でお得なお値段だったので乗ってみました。
oxford10-2.jpg
赤いバスがポップでカワイイ~
oxford10-3.jpg
二階の一番前の席をゲット!
日本語のオーディオガイドを聞きながら、
約1時間ほどでオックスフォードの町を1周できます。
oxford10-4jpg.jpg
オックスフォードって静かな町かと思っていたら・・・
いやいや、すごい観光客でびっくりしました
oxford10-6.jpg
ところで~
『オックスフォード大学』っていうのは40余りのカレッジの総称で
大学の名前ではないんですね・・・初めて知りました^^;
oxford10-5.jpg
中心街を離れると、私がイメージしていたのどかな風景が~
oxford10-8.jpg
教授が家族と一緒に住めるようにと建てられた素敵なお家も
並んでいました。

さて、町を1周とちょっとしていよいよ、
ハリー・ポッターゆかりの『クライスト・チャーチ・カレッジ』で下車。
christ church1
実は、『不思議の国のアリス』の著者ルイス・キャロルはここの卒業生で、
その後も数学の講師としてこのカレッジで過ごしたそうです。
christ church2
christ church3
入場券を買って中へ入ったら~いきなりホグワーツの雰囲気・・・

そして~この階段!!
christ church4
christ church5
『賢者の石』ではクラス分けの前に新入生達がここで待機するシーンや、
『秘密の部屋』ではトム・リドルとダンブルドアが言葉を交わした場面などで
登場しましたよね~
それからこちら~
christ church6
このカレッジの食堂ですが~ホグワーツの中でもとりわけ印象的な、
ダイニング・ホールはここがモデルになっています。
christ church8
壁には歴代の学校関係者の肖像画が飾られ、
これもホグワーツの動く肖像画のヒントになったんでしょうね。
christ church7
ここの空間はまさにホグワーツそのもの。。。来てよかった~^^

そうそう、食堂の両脇に並ぶ素敵なステンドグラスの一枠、
christ church11
よ~く見ると、アリスやうさぎさんなど『不思議の国のアリス』の登場人物が下の方に!!
見えます?
ルイス・キャロルの肖像画も飾ってあって、この大学はアリスゆかりの場所でもありました。
christ church10
christ church12
日本の母がイギリスで着せて~と妹に託したお洋服が
なんだかオックスフォードぽかった?ので、お礼の写真笑。

alice shop1
カレッジの前には『アリス・ショップ』もありました!
もちろんお買い物しちゃいましたよ~可愛すぎ~^^

オックスフォードは、思っていた以上に素敵なところでした。
ほかのカレッジもいろいろ見所がありそうだし、
何泊かしてゆっくり過ごすのもいいだろうなあ。

最後にちょっとハプニング。。。
oxford10-9.jpg
帰りの電車の中でどこに座っていいのかわからず。。。
結局ロンドンまで車両の間で地べた座りでございました。。。


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



イギリスのあの古代遺跡へ

4泊5日のロンドン滞在中、2回ほど遠出をしました。
さて一つ目、出掛けた先は・・・

Stonehenge3.jpg

一度行ってみたかった~あまりにも有名な古代遺跡の一つ『ストーンヘンジ』

テレビなどで見て知っている巨石サークルが造られたのは紀元前2300年頃。
しかし周囲の堀と土塁はそれ以前から存在し、
ストーンヘンジの起源は紀元前3000年頃にまで遡るそうです。

Stonehenge5.jpg

一体誰が、何の目的で、どうやって造ったのか。。。
神殿?それとも天文台?
いろんな説があるようですが、
今尚はっきりとした結論は出ず、真相は謎に包まれたままです。

Stonehenge4.jpg

ストーンヘンジの周りは静かでのどかな平原が広がっていて、
巨大遺跡は思っていたより質素な佇まいでした。

とは言え、この一帯にはストーンヘンジのみならず沢山の珍しい古墳群や埋葬塚、
さらには思わずドキッとするほど不思議な模様の
ミステリーサークル(←ぜひクリックしてご覧ください!)もあるそうで。。。
(ミステリーサークルに関しては、イギリス人老人二人組のいたずらだったということで
一件落着しているようですが、ホントにそうなのかはちょっと疑問?)

古い遺跡や歴史が好きなだけで
考古学の知識なんて全くありませんけど~
エジプトをはじめ、古代人はすでに宇宙(宇宙人?)と交信していた!
ということだけは間違いないと思っている私です。

Stonehenge6.jpg

ロンドン発のツアーでバスで片道2時間ほど。
オーディオガイド(日本語あり)を聞きながら、1時間じっくりと見学できました^^
そうそう、ストーンヘンジはパワースポットでもあるらしいので、
少しはエネルギーを吸収できたかしら?(←結構期待してたりして^^;)

Stonehenge7.jpg

次回もロンドンを離れて~ハリー・ポッターゆかりの地へ!!


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。