フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゅわしゅわチーズケーキ

昔から作ってみたくてお菓子の本を眺めては
結局未だに作ったことがないお菓子・・・
チーズケーキに本日よ~~~やく挑戦してみました~

今日のチーズケーキはまずはスフレタイプを。
レシピはこちらの雑誌の切り抜きもあったのですが
材料の分量を見てたらカロリーがぐーんと高そうだったので
大昔の『今日の料理』を見て作りました。

ところで~
フランスではチーズケーキってあんまりポピュラーではなくって
しかもケーキ屋ではなくてチーズ屋で売られています。
味はまあまあ・・・日本のチーズケーキをみんなに食べさせたいです
そういえば昔、ワンホール500円なんてのが流行りましたよね~
今もあるのかな?

cheese cake1
材料のクリームチーズは『ST MORET』(サン モレ)を使うといいそうです。
しかも近くのスーパーでちょうど特売品でした

作り方は。。。
①まず、クリームチーズ300gを細かくちぎって耐熱性の器に入れ
 電子レンジ500wに約1分間かけます。
②①をボールに入れ滑らかになるまで泡だて器で混ぜ、
 牛乳50ccを2~3回に分けて加え、柔らかくのばします。
③45gのグラニュー糖、卵黄3個分を加えて、よく混ぜます。
④コーンスターチ(フランスではMAIZENA)30gを加えてしっかりと混ぜ、レモン汁大さじ3、
 オレンジリキュール(私はうちにあったチェリー酒)大さじ1を加えます。
cheese cake3
⑤別のボウルに卵白3個分を入れ、軽く泡立ててからグラニュー糖45gを
 2~3回に分けて加え、角が立つくらいまでしっかりと堅く泡立てます。
 
 こういうときはやっぱりハンドミキサーが便利ですよね!
 (ただこっちの電化製品ってアイロンもそうなんですけど
  コードが短くって使いにくくありません?)

cheese cake4
かなり堅めのメレンゲの出来上がり!
(向こうから味見をしようと迫り寄る二女の指^^;)
cheese cake5
⑥⑤のメレンゲを④に加えて、泡をつぶさないようにさっくりと混ぜます。
cheese cake6
⑦⑥を型に流し入れ、180度のオーブンで焼く30分焼きます。
 型は底が外れるもので、型の底と周り(高めに)に紙を敷いておきます。
焼きあがったらすぐにケーキの周囲にナイフを入れて紙をはがし、
型に入れたまま冷まします。
焼きたて直後はすっごーく膨らんでびっくりでしたが~
冷めるとひとまわりほど小さくなってて、またびっくりでした**(笑)
cheese cake7
あれれれ???
なんだか今まで見たことないチーズケーキになっちゃった。。。^^;
cheese cake8
見かけは悪いですが。。。
ちゃ~んと膨らんでて(スプーンを入れるとシュワシュワ音がします^^)
味も自分で言うのもなんですが~うまい!です。
このレシピ、お薦めですよ~
cheese cake2
ただ・・・
手伝ってくれた二女のお口には合わなかったようです・・・
そうかなとは予感はしてたけど、残念じゃ・・・

最近、お菓子を作って紅茶と一緒にいただくのがささやかな楽しみ
仕事の方、緊張しっぱなしで疲れが溜まってきて、
今週初めからちょっとブルー・・・
あと1週間どうにか乗り越えなくてはー


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

スポンサーサイト

素敵な出会い

昨日は仕事が終わって、パリスちゃんと彼女のお友達のAさんとSちゃんとのランチに
おじゃまさせてもらいました。

パリスちゃんとAさんは高校時代の同級生で、話しているうちにAさんの妹さんと私は
同じ年で同じ中学校だったらしく、直接は知らないのですが(なんせ12クラスもありましたから^^;)、
でも共通の知ってる人がいたりして、いきなり懐かしさで胸が一杯になりました~
中学校時代、とっても楽しかったので。。。

また、Aさんは日本ではお菓子の先生で、Sちゃんはその生徒さん。
Aさんは今年初めに大病をされて大変だったのにずいぶん回復されて
今回のパリ旅行も満喫されてるようで~
「毎日楽しいことを考えるようにしていたの。」とおっしゃっる
前向きで素敵な方でした☆

Sちゃんもお父さんが日本人、お母さんが台湾人でグアムで育ったという
とってもチャーミングなお嬢さん☆
来年の2月からパリ市内にいくつか店舗がある人気のパティスリーの工房で
研修生として働くんだそうです。

お話を聞いていたらすっかり元気をいただいちゃって~
パリスちゃんのおかげで素敵なお二人と出会えて
とても嬉しい一日でした

素敵な出会いと言えば・・・
この日ランチを食べたお店もそう。
マレのヴォージュ広場近くのブラッスリー『Royal Turenne』

ヴォージュ広場にある有名なレストランがいっぱいで
たまたま入ったんですが、大正解でした
まず、お店の人がサンパ!!フレンドリー!!
特に私たちのテーブルを担当してくれたムッシュがそうで、
親切にオーダーを取ってくれたり、
「黒胡椒欲しい?」って聞かれて「はい」って言ったら
1メートルほどの特特特大ペッパーミルを持ってきて挽いてくれたり(大爆笑)、
余ったサラミを持って帰ろうとしてたらすかさずアルミを持ってきてくれたり。
彼のお蔭でとても楽しく食事ができたのは言うまでもありません。
最後は一緒に写真撮影も^^

お料理も美味しかったです!!
この日、カメラを忘れたのが超悔しいーーー><

HPを見たらどうもフランス中部のオーヴェルニュ地方料理がメインのようですね。
ソーセージ、ハムなどのシャルキュトリー(豚肉の加工品)テリーヌ、チーズなどなど
でも、ほかにもすごくメニューが豊富で魚料理もいろいろありました。
私は、子牛のエスカロップのキノコのクリームソース添えを頼みましたが、
ソースがとっても美味しかった~~~
パリスちゃんに味見させてもらったオニオンスープも美味しかったなあ。

しかもしかも
このお店には別名があって、それがなんと“ビストロ・ボジョレー”なんですって。
ムッシュもそう書かれたエプロンを着けてました(笑)。
そうですよ~ちょうど解禁したばかりですよね~うしし
とっても美味しいボジョレーヌーボーをいただきました、あ~幸せ


帰りはSちゃんお薦めの美味しいパン屋さんに寄りました。

pain au chocolat et franboise

フランボワーズのパン・オ・ショコラ(**)が特に有名だそうで
買ってみました。あとバナナのパン・オ・ショコラも。
カヌレはお二人から~
朝食に、カフェ・オ・レと一緒にいただきまーす♪


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



試練の2週間

今週から同じ会社の違う部署で仕事をしています。
組織改正があって、私の勤務もいろいろと変わりました。
まず、今までの部署と新しい部署を掛け持ちすることに。

今まではカウンター業務でお客さんと対面しながら話せたから
フランス語、英語もまあどうにか応対できたし、
電話はほぼ日本語だったから楽勝だったけれど~
新しいとこは電話のみ、しかもほぼフランス語と英語・・・
私のレベルで仕事がこなせるのかかなり気が重かったんですけど
新しい部署に配属になった正社員の日本人同僚がすぐに3週間のバカンスに入ったので
代わりに週4日、今週と来週行かなくてなりません。

みんなは慣れるよ!って言ってくれるけど
私の英語なんて、旅行ができるくらいの会話力ですからね、
当然のごとく悪戦苦闘してます><
まあ、いざとなったら、フランス人同僚にお願いすればいいんですけど、
でも、最初から「英語は取りません」とは言えないのが辛いところ。。。
もう、「やるっきゃない!」って感じです
そのうち慣れるかなあ。。。英語習いに行こうかな。。。

この年になってまでなんでこんなにあくせくしてるんだろう、私?って気もしますけど
C'est ma vie!?
本当はもっと気楽に、さらりと生きたいんですけど~なかなかそうはいきません^^;

幸い、フランス語の方はどうにかスムーズにいってるのでよかった・・・(内心はハラハラですけど
昨日は、ホテルのコンシェルジュの方(フランス人)と話していたら、
「日本人ですか?」って聞かれて、その後は日本語でやり取り~
とても上手に親切に話してくれたので嬉しかったなあ。私もがんばらないと。

来月からはここでの仕事は基本的には週1回のみ、
今までの職場も2年ぶりに日曜出勤から解放されます
この2週間、どうにか大きなミスをすることなく乗り切れますように


新しい職場の前に行列が出来るパン屋さんがあって
帰りに寄ってみました^^
boulangerie10-11.jpg
おやつにシュークリームを調達!
あとサンドイッチなどの軽食も美味しそうで、
しかもどれも良心的なお値段だったのでびっくり。
仕事帰りにちょこちょこ寄る楽しみができました


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


二つのマリー・アントワネット

前回の続きですが~
お友達のYさんが私の紅茶好きを知っていて、
お土産にラデュレの紅茶を持ってきてくれました

しかもー
marie antoinette tea
またまたマリー・アントワネットの紅茶!!
先日terumimiさんから頂いたNINA’Sの紅茶と偶然にも同じものでした**
やっぱり私のイメージに合ってるからかしら~(ウソウソ^^;)

NINA’Sの紅茶はバラと青リンゴのとにかく上品で素敵な香り。
一方ラデュレの方はグレープフルーツ、レモン、オレンジなど柑橘系のさっぱりした香りで
バラとジャスミン、蜂蜜もブレンドされています。

同じ名前だけれど、お店でこんなにも違うのっておもしろいですよねえ。。。
最近二つの紅茶を交互に入れて~楽しませてもらってま~す
オットと長女も時々一緒に飲んでます^^

あとは。。。
1809-3279-home.jpg
こんな素敵なカップがあれば。。。買いたいなあ。。。


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ




塩味マフィン+青トマトのジャム

昨日の日曜は、
パリスちゃん、友達夫婦のS&Yさんと娘のFちゃん、長女の親友OちゃんとPパパを
我が家のランチへお招きしました^^
総勢11名!!のそれはそれは賑やかなひとときでした~

メインはママンにお任せして~
私は前菜兼アペリティフのおつまみのような一品を作ってみました。

muffin saleacute;1

ズッキーニとヤギのチーズ入りのマフィン☆
こちらの料理雑誌に載ってたレシピなんですが、
青いトマトのジャム(作り方は←をクリック)を付けて食べるんです。
なかなかおもしろい組み合わせでしょう~

前にお話した、我が家のトマトを大量収穫した折に青いトマトがあったので
まずジャムを作り置きしまして~
お客様の時に塩味マフィンを作って一緒にお出ししよう♪
とずっと温めてたアイデアがようやく実現しました^^

muffin saleacute;5
パリスちゃんが持ってきてくれたシャンパンと一緒に~
手前はママン作、生ハムとトマトのサラダ。
muffin saleacute;4
もう一品、トマトとモッツアレラチーズのオープンサンドも作りました~
こっちの方が好評だったかな・・・^^;
boucheacute;e a la reine
じゃじゃ~ん、こちらが本日のメイン!
パイの皮にムール、海老、シャンピニオン入りのホワイトソースを詰めて焼いた、
ママンのbouchée à la reine(ブシェ・ア・ラ・レンヌ)でございます☆
具は鶏肉だったり、ハムだったりしますが~シーフードがやっぱり一番~
お惣菜屋さんのは塩辛いのが多くて、ママンのが最高に美味しいっ!!
dessert11-07.jpg
デザートは、Oちゃんパパが持って来てくれたチョコのケーキと
手前はワタクシ作ちょっと焦げちゃったシュークリーム・・・
ブシェ・ア・ラ・レンヌではありませんのでお間違いなく(笑)。

この日は~
来年2月のヴァカンスは本日集まった三人パパと娘達四人、
スキーへ行くお約束になってまして~その相談をパパ達がしてました。
今年の2月は長女だけOちゃんパパに連れて行ってもらったんですが
Oちゃんパパがうちのオットを誘い、オットがSパパも誘い・・・
みんなで行くことになりました^^;

元々オットもSパパもスキーが好きなわけではないのに、
これもすべて愛する娘達のため
Oちゃんパパが言うには、
「1週間きれいな空気を吸いながらスキーをして、
ペンションの家庭料理を食べれば(長女が美味しかったと絶賛!)
身体にとってもいいはずだよ!」と。
確かにこの前長女とOちゃんの顔色があまりにも良くなって帰ってきたので
びっくりしたのでした**
大人数でワイワイ、きっと楽しいヴァカンスになることでしょう!
(私も1週間自由の身だわ~)

muffin saleacute;6

さて、今朝の朝食は残ったマフィンをまた食べましたが~
カフェオレにも合って美味しかったです!
結構残ったからあんまり人気なかったかな?と思ってたけど、
これ、2個も食べると、おなかいっぱいになっちゃうんですね~
作りすぎちゃった?^^;
でも、気に入ったので~青いトマトのジャムがあるうちにまた作りまーす。


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



ハッピーエプロン♪

先日二女の幼稚園にようやく届いたエプロン。

本当は“父の日の贈り物に!”ということで注文があったのですが、
受け取りは夏休みが過ぎ~新学期も過ぎ~10月に入ってからでした・・・
いやあ待った、待った^^;

tablier10-1.jpg

でも、とっても可愛く仕上がっていて、待った甲斐がありました!
BIOのコットンなので、肌触りもとっても柔らか~

tablier10-2.jpg

何が可愛いって~子ども達の絵、ですよ

tablier10-3.jpg

二女の絵もこの中に・・・^^

それにしても~
子どもってどうしてこんなに味のある絵が描けるんでしょう!!
立派な天才画伯ですよね。

tablier10-4.jpg
このエプロンを着けて、また一緒にお菓子を作ろう♪

実は~私もロンドンで『キャス キッドソン』のエプロンを新調しまして~
tablier10-5.jpg
こうして台所の入り口に掛けて~Wハッピーになってます


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。