フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無性に食べたくなり・・・

Nems(ネム)を作りました^^

nem1.jpg

春巻きに似ていますが
ベトナム料理なのでライスペーパーを使います。
具は豚肉だったり、海老だったり、
私はあっさり鶏肉にしました。

これをミントと一緒にサラダ菜に巻いて
ソースにつけて食べます。
ネムはまあまあの出来でしたが
やっぱりレストランの方が美味しいなあ。

具が足りなくてライスペーパーが余ったので
急きょ生春巻きも作ってみました。

roule de printemps

海老の代わりにすり身を使って
春雨とピーナッツとミントを巻きました。
これもね~
やっぱりレストランの方がずっと美味しいワン^^;

ただ、今日は我が家に育っているミントとシブレットが
活躍してくれたので嬉しかった!
ほかにバジルとシソがもあって、
決して生育はよくはないけれど・・・
ちゃんと香りと味はあるので、
あるとやっぱりいいです(笑)。

nem2.jpg

ソースはナンプラーとスイートチリソースで作れます。
が、私は手抜きをしてスーパーで買ってきました。
レストランでは生春巻きもネムと同じソースで食べますが
右のピリ辛ソースでもなかなかいけます。


↓応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


スポンサーサイト

フェット!

6月25日土曜日、
二女の学校は年度末のフェット(fête=お祭り)でした。

クラスごとのダンスをメインに
ゲームや軽食のスタンドも立ち
子ども達が授業で習っているフェンシングの
デモンストレーションがあったりして
午前11時半から午後5時まで
一日ゆっくりと開かれました。
[高画質で再生]

フランスの学校祭2011 [映画]
こちらは全員によるフィナーレのダンス。
ノリノリの曲で、子ども達も楽しそう~

オリジナルは微妙に子ども向けではないかも。。。^^;
でも、なかなかおもしろいです。
途中でよく聴こえるコード ア ソテ(corde à sauter)とは
縄とびのことです。


我が家は同じ日の午後、
日本語教室のフェット、音読発表会があったので
ダンス終了後に早退して急いで移動。

長女は『ごんぎつね』、
二女は『くじらぐも』をクラスのみんなと
頑張って読みました^^
毎週土曜の午後、
パパが教室まで送り、私は仕事の後に娘達と合流して
長女と二女の時間帯が違うため
待ち時間が長くて大変なんですが
親子でよくがんばりました~

音読会が18時半頃終わって
またまた急いで帰宅。
というのも、
21日から既に夏休みに突入している長女は
お友達のお家での“年度末フェット”に
招待されていたもので~
昨夜は22時半頃まで総勢15名で
お庭でのバーベキュー、ダンス、ゲームを楽しんだそうです。

最近の長女(来月で14歳)はお友達と外出する機会が多くなって
終業日のお昼もお友達と子どもだけで生意気にも
中華レストランのバイキングランチに行ったしー。
今朝はお友達の家族と一緒に
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作を観に行き
来週末は3日間『Japan Expo』にも行くんですよ

まあ楽しそうなのでいいことですけど
今からこうだと先がちょっと思いやられる気も・・・
資金はすべて親が払うところもあれば
全部自分で払う子もいたり・・・
うちの場合は半々ですかね。
まあ遊んだ分は、うちのお手伝いもしっかりしてもらいます(笑)。

仕事への比重が増えた分、
とにかく時間に余裕がなくて時々息が詰まりそうなんですががが
二女も来週の金曜から夏休みに入るので一息つけるかな~

そして私にとって最大のフェットは~
7月30日から3週間、日本へ帰省しま~す!!
2年ぶりに、命の洗濯をしに帰ります


↓応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



イスラエル発のお店SABON

ママ三人組でマレを歩きながら

可愛い帽子屋さん、
老舗のペンと紙の店、
エキゾチックな香りに包まれた香辛料屋さん、
修道院のシスターが経営する
お菓子やジャムや蜂蜜などを販売する店などなど・・・

いろんなお店を覗き~

sabon3.jpg

きれいなショーウインドーに釣られて入ったお店で
ついつい衝動買いもしてしまいました~^^;

sabon1.jpg

バラの香りのボディスクラブ
なんとあの“死海”の塩が使われているのだそうです。
それからエッセンシェルオイルも入っています。

sabon2.jpg

お店に入るとスタッフの方が
好きな香りのスクラブを試させてくれます。
スクラブを手に延ばしながら軽くマッサージして
店内中央にあるウォータースタンドで洗い流します。
すると、お肌がツルツルに~
しかもほのかに残る、バラの甘い香りがまたたまらなく~
すっかり罠にはまった次第です(笑)。

そうそう、洗い流したウォータースタンドも
とても味があって気になったのですが
聖地エルサレムの職人さんが使ったものなんだそうです。

sabon4.jpg

お店の名前は『SABON』。
ユダヤ人街のメインストリート、
Rue des Rosiers(ロジエ通り)にあります。

お店の袋にTOKYOと書いてあったので
検索してみたところサイトがありました!
店舗もあるようですね。
日本は本当になんでもあります^^;
ほかの商品もゆっくりと研究させてもらいます。

お値段はフランスの方がかなりお安いようなので
既に愛用されている方、興味のある方は
パリにお越しの際には
ぜひ覗いてみられることをお薦めします☆


↓応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


マルシェの中の和食屋さん

先週の金曜日、
会社の研修でマレ界隈を3時間ほど散策しました。
そして、その翌日もまた子ども達がアトリエの間
お友達とうろうろ・・・
最近、マレと縁があって嬉しい~

marais encore11-1

先日一人で歩いたところとはまた違った
まだまだ知らないところがいっぱいあって
一緒に行った同僚が
「パリは歩くたびに新しい発見があるから好き!」
って言ってたけれど、まさに同感☆

marais encore11-2

田舎の町ではよく見かける木造の建物は14世紀のもので
パリではこのほかに数件しか残っていないんだそうです。

・・・という感じで、ガイドさんの説明を聞きながら
いろいろと興味深いスポットを巡ったのですが・・・
最後に寄った
『Marché des Enfants-Rouges』(マルシェ・デ・ザンファン・ルージュ)を
今日はご紹介しま~す!
1615年からある、パリで最も古いマルシェだそうです。

marche des enfants rouges3

ここの魅力は生鮮食料品のお店と共に軒を並べる
いろんな国のプチレストラン!
なんと和食屋さんもあるのですよ~

marche des

アトリエのあと早速みんなで行ってみました。
土曜日の午後でかなり混んでいてちょいと大変でしたが
お料理はとても美味しかったです!
お弁当などテイクアウトもできます。

『Chez Taeko』(シェ・タエコ)
39,rue de bretangne 75003 paris
火曜~土曜 12h-18h、日曜 12h-15h

marche des enfants rouges1

お隣のイタリアンも美味しそうでした~
あと中東のお料理も~
狭くて不自由なとこもあるけど
こうして青空の下、みんながワイワイ食べてる雰囲気は
好きだなあ。
日本の屋台の雰囲気に似てたからかな~^^


↓応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


子ども向けアトリエ

お友達のEちゃんとHちゃんがいつも通っているアトリエに
二女がようやくデビュー~

aterier11-6-1.jpg

ポンピドーセンターの近く、
いかにもパリらしい
魅力たっぷりの小さなパサージュ内にある
可愛いアトリエでした(詳しい情報はコチラ

毎回制作する作品は
大人でも作りたくなるものばかり。。。
この日作った“ウインドチャイム”も素敵!!

aterier11-6-2.jpg

早速ベランダに吊るして
チリンチリンときれいな音色を楽しみます
ただし、かなり強風じゃないと鳴ってくれない模様・・・^^;

二女は、スタッフの方に優しく教えてもらって
とても気に入ったようです。
私も一日、ママ三人組でいろいろと楽しかった~
terumimiさん、crocusさん、ありがとう
ちょこちょこと新しい発見があったので、
小分けに更新しますね^^


↓応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


パリの古い映画館

pagode1.jpg

パリの左岸、シックなカルチエにあるバビロン通りに
実に見事な中国風のお屋敷あるんです。
これなんだと思います?

実はLA PAGODE(ラ・パゴド)という映画館なんですよ。
しかも開業が1931年とかなり古い!
さらに建物自体は1895年、
当時ここからすぐ近くのデパート“ボン・マルシェ”のディレクターが
奥様のプレゼントに建てさせたものなんですって!!

その後、取り壊される危機をパリ市が映画館に変身させて
今もこうして無事に残されています。

という情報はすべてカイエ・ド・パリさんからいただきました

映画館の情報を見たら毎週水曜の午前10時半から
子ども向けのプログラムがあるらしく
terumimiさんとEちゃんを誘って
私と二女の四人で行って来ました^^

pagode4.jpg

こちらがこの映画館自慢の“salle japonaise”(日本の間)。
昔はお屋敷のサロンだったのかなあ、
壁や天井の装飾も素晴らしかったです。
こんなに贅沢な空間が
この日はお客さんは私達だけで、な~んと貸切でした!

pagode2.jpg

建物の横には小さな庭園もあって、テーブルや椅子も置いてあるので
ゆっくりするのもよさよう~

古い建物は屋根など修理中で見えてる部分の方が少なく
維持費も大変そう。。。でもいつまでも残して欲しいですよね。。。
修理費に少しでも協力できるように(!?)
これからもたまに通えたらと思います。

aff_mulotmenteur.jpg

私達が観たのは4つの短編のオム二バスで
どれもお話と映像が独創的でよかったです。
映画のプログラムはコチラからご覧になれます。


↓応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


アジア料理はやっぱり口に合う。

先週の木曜日、
お昼休みにお友達とランチしました^^

一人だとついつい和食のお店で済ませてしまうけど
折角友達が職場近くまで来てくれるので
和食以外のお店を探してみたところ
良さそうなタイ料理のお店を発見。
パレ・ロワイヤル公園すぐ脇のひっそりとした通りにあって
隠れ家のようなレストランです。

Baan Kanya3

なかなか素敵な雰囲気でしょう~
ゆったりとした空間、インテリアも超好み☆
お料理もきれい☆

Baan Kanya1
前菜は鶏肉とお野菜のサラダ、海老の包み揚げ。

Baan Kanya2
メインはカレー風味のお魚とお野菜を
笹に包んで蒸したもの。

これにココナッツミルクのデザートが付いて
ランチはこのコースのみで15,50ユーロ。
メインだけ三品の中から選べ、
定期的にメニューは替わるそうです。

前菜もメインもしっかり香辛料が効いていて
優しいお味だけどじわっじわっと辛くて、
好きだな~タイ料理

Baan Kanyaバン カンヤ
39, rue de Monpensier 75001
TEL:01 77 13 28 41
ランチタイムは12:00~15:00(月曜~金曜) 


その翌日、
ヴェトナム料理のボブンを食べました。
フランス在住のブロガーさんが紹介されていて
ちょうどこのお店がある界隈に行く用事があったので~

Song Heng1

ボブン、大~好き♪
レタスやもやしは麺の下にたっぷり~
美味しかったです!
でも、パリ・ハノイの方がもっと好きかな。

この店にはボブンとフォーしかなくて
どちらも大が8,60ユーロで小が7,50ユーロ。
みんなが食べてたフォーも美味しそうだったので、
次回はそっちにしてみよう。

Song Heng2

Song Hengソン グィエン
3, rue Rue Voita, 75003 Paris
Tel: 01 40 78 31 70
11:30~16:00、日曜定休(もしかして土曜、月曜も休みかも?)
お店はブルターニュ風の古い建物の一階です。
店内は超狭くて座席も少ないので早めか遅めのランチをお薦め!
もしくはテイクアウトもできます。

この界隈はちょっとした中華街のよう。。。
先日のマレ界隈も中国人のお店がいっぱいだったし。。。


↓応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。