フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボヴァリー夫人

ちょっと前回の続きのような話ですが~
娘達は学校で勉強したことを時々話してくれます。
フランスではこんなこと習うんだ~って
聞いててかなり興味深い母

Bovary.jpg

最近、長女がフランス語の授業で読んだ
『ボヴァリー夫人』。
1856年に文芸誌『Revue de Paris』(パリ評論)に掲載、
翌年に発行された本は当時ベストセラーにもなったそう。

この本、
今度の6月に高校2年生が受ける
フランス語のバカロレア試験(大学入学試験)の
課題の一つだそうで
学校で映画も観たそうです。

ただ、その内容がちょっと・・・

小説や物語を読んでは
ロマンティックな空想に浸るのが好きな
主人公エマ。
平凡な結婚をするがそれでは物足りず、
そのうち不倫、借金で追い詰められ
しまいには服毒自殺をしてしまう。

本にはしっかり性描写もあって
これって高校生には不向きじゃないの!

って日本人母はショックだったんですけど・・・

でも、人生にはこうした闇の部分があるのは真実だし
若い頃からそういうことについて考えたりするのは
大事なことかもしれませんね。

まあそれにしても
いかにもフランスらしい課題です




日本語訳もあります。
本当はこの手のドロドロな話は好きじゃないけど
これは読んでみようかな☆


応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

スポンサーサイト

フランス発人気ブランド名の由来

珍しくファッションのお話です(笑)。

ファッションに全く興味がないわけではないんですが、
なんでも似合う体型ではないため
あまり楽しめません・・・

フランス発のブランドも好きで
似合わないとわかっていてもー
一応チェックはするんですけどね

ZADIG&VOLTAIRE(ザディグ エ ヴォルテール)、
COMPTOIR DES COTONNIERS(コントワー デ コトニエ)、
Maje(マージュ)、Sandro(サンドロ)などなど

いかにも細身のフランセーズに似合いそうな
色、素材、デザイン。。。
あー、もっと若くて痩せていたら。。。

自分に買えないなら
娘達に買っちゃえ~(爆)

zadigvoltaire1.jpg

ザディグ エ ヴォルテールのTシャツが
冬のバーゲンで半額でした

きれいな羽のイラストがすぐに気に入った長女、
ブランドの名前を見て、あれ?と
一冊の本を取り出しました。

zadigvoltaire2.jpg

VOLTAIREは18世紀のフランスの哲学者、
ZADIGは彼の著作だったんですね!


応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


フジコさんと奈緒さん。

先週の土曜日、
フジコ・ヘミングさんのピアノリサイタルに行って来ました

Fuzjko+Hemming2.jpg

私は、フジコさんのピアノが好き。
彼女のように人を感動させれるピアニストは
そうはいないんじゃないかな。

時に信じがたい困難が芸術家達を襲う。
ゴッホやモディリアーニ、ベートンヴェンが
そうであったように。
しかしそんな彼らの苦悩は作品の深みとなって表現され、
私達の心を、魂を揺り動かす。。。

フジコさんのピアノもそう。

でも誰にでもできることじゃない、
きっと神様に選ばれた人達なんだろうと思う。

Fuzjko+Hemming1.jpg

着物をアレンジした衣装もとっても素敵でした。

実は、私はフジコさんが描く絵も好きで
画集も二冊持ってます。
猫がお好きなところもいいな~(笑)。

Fuzjko Hemming3

余談なんですが・・・
フジコさんとはタイプが違うけれど
松下奈緒さんのピアノも好きです。

音がきれい。
クラシックを飛び越えて広いジャンルで
自分の音楽を模索する生き方も素敵です。
女優さんもされてるそうで。。。
お美しいですもんね。
好感度も高いし、
こんな完璧な人もなかなかいないですよねえ


応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


退職しました。

新年のご挨拶もしないまま
1ヶ月が経ってしまいました。。。
皆様、お元気ですか?
2014年も良い年になりますように

さて、新年早々ではありますが・・・
1月末で6年間勤めた会社を退職しました。

多分あんなにがんばったのは、
自分の人生の中で初めてだったかも。
辛いことも多かったけれど、
おかげでフランス語は上達できたし、
フランスで生きていく
自信も持てるようになれました。

でも、疲れました。。。

やれるとこまでやったので
仕事の上では後悔はありません。
ただ、同僚達には本当によくしてもらったので
お別れするのが悲しくて
最後の日は泣いてしまいました
すると、彼女らももらい泣き・・・
びっくりしたけど、嬉しかった

さて、また仕事探しです。

ちなみにフランスでは依願退職の場合、
失業保険はもらえません。
ちゃんと保険料払ったのに納得いきませんが・・・

gateaux.jpg

チーフがお別れ会に作って来てくれたケーキ


応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。