フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長女のプチ同窓会

家に閉じこもりがちだった今回のバカンスですが、一つ楽しみにしていた計画がありました^^
それは長女のプチ同窓会

9月に中学生になった長女。通っていた小学校の系列ではない中学校に進学したため、
それまでのお友達とは離れ離れに・・・
当初はかなり寂しがっていました・・・
でも、時々電話をかけたり、かっかってきたり~
で、三人のお友達がうちに遊びに来てくれることになりました^^
とても喜んでいる長女を見ていたら、私も嬉しくて、嬉しくて~~~
張り切ってお昼ごはんも用意しました
P1000016_convert_20081107175053.jpg
メニューはサーモンときゅうりの細巻き、焼き鳥、そしてたこ焼き。
食べてくれるか心配しつつでもせっかくの機会なので、和食にしてみました~
やっぱり何事も経験することは子どもにとって大事かなって…
P1000019_convert_20081107175442.jpg
さてさて、結果は~~~
まず日頃から日本料理を食べ慣れているLちゃんは大喜びで、長女と一緒に全部パクパク食べてくれました食べ慣れてないOちゃんとMちゃんは、寿司はまずダメたこ焼きはOちゃんはまあまあ。Mちゃんは好き。焼き鳥は二人とも美味しいと言ってました
足りなかった分はパンにソーセージやパテで埋め合わせ^^

食後はかくれんぼや鬼ごっこなど、ノンストップで遊んでいました。
が、、、ちょっと気になることがありました。
Oちゃん、Lちゃん、Mちゃんの三人は今も同じ中学校で一緒に遊ぶグループなんですが、とーーても気が優しくて自己主張をしないOちゃんへのLちゃんとMちゃんの対応が結構キツイんです。鬼ごっこだとすぐに鬼をやらされたり、何も悪いことしてないのに、言葉でいろいろ攻撃されるんですね。聞いてて私はかなり痛かったです…。Oちゃんもやっぱり寂しそうな、怒ったような顔をしてるし…。
でも彼女、言い返さないんです。言い返せないんだろうなあと思います。
三人とも長女の大事な友達だし、子どもの世界に大人が口をつっこむのも…と思ったのですが、ちょっとひどかったので、長女に「仲良く遊ばないとだめだよ」と小声で水を差しました。
実は以前うちで二女の誕生日会をしたときも同じようなことを思ったんですね。もう忘れていたんですけど…あの時はOちゃん、みんなで犬にされていたんです。

長女は多分Oちゃんに対してきつい事を言うタイプではないので(そうであることを願って!)、以前は4人で遊んでいたのが、長女がいなくなってOちゃん大丈夫かな…と心配になってしまいました。
LちゃんとMちゃんだって本当にいい子だし、だからこそ、びっくりしているのですが・・・

みんなが帰ったあとで長女と話したのですが、「ママ、私たちはOちゃんを親友だと思ってるし、好きだから心配しないでいいよ。」と言ってました。
きっとそうなんだろうなあと思います。
でもなあ。あの口調で言われたときのOちゃんの心中を思うと、やっぱり心が痛みます。
子どもって残酷な面があり、特に弱い子に対して攻撃が最初は一人だったのが二人、三人と集団になっちゃうことってあると思うんですね。
帰り際に「Oちゃんは叩かれるのが好きなんだよ。」と二人が言うので、「叩かれて好きな人なんて一人もいないよ!」とキッパリ否定しました。

子どもの世界もなかなか大変ですね・・・
でも実はOちゃんは平気で、私が勝手に心を痛めてるのかもしれません。
私自身が人に否定されたり、攻撃されるの苦手なので・・・^^;
でも、世の中いろんな人がいるから、こういった攻撃も跳ね返したり、気にしないで生きていける逞しさを身に付ける訓練を子どものうちからするようになっているのかな???
その点、私は優しい友達ばかりに恵まれてきたので、訓練し損ねたのかも(笑)。
でもでもやっぱりOちゃんへみんなが優しくしてくれますように

さて、話題をガラリと変えて・・・これは何でしょう?
P1000020_convert_20081107180411.jpg
正解は~~~ホットサンドとゴーフルが作れる機械でーす^^
けれど作るのはいつもホットサンド!ゴーフルは過去に何度か挑戦したのですが、失敗ばかりで、口にしたことがありません
今回、市販のゴーフルの素を買って、再挑戦してみることにしました!
で、ご覧の通り、大成功~でも一回目は失敗でした。タネを入れすぎて、ポタポタ液がこぼれ出しちゃって・・・
P1000022_convert_20081107180803.jpgP1000023_convert_20081107181102.jpg
二回目はタネが少なすぎて、写真右の右側のように、フワフワじゃなくてガチガチに・・・
で、三回目。ようやく美味しそうなワッフルが焼けました。フゥー
以前ご紹介した食べ方で、子ども達も大喜びでした~よかった~^^

P1000025_convert_20081107175832.jpg
本日長女が友達にお願いしたことがあって、それは「DSを持って来てね~
よって4台が勢ぞろい~@@長女以外はみんなピンクのDSです。
通信して4人でマリオの対戦を楽しんでいましたよ^^しかもみんな日本語の画面だし~(爆)

こうして長女にとって夢のような一日が終わり、お迎えが来た友達を見送りながら長女がポツリ。
「私は中学校の選択を間違っちゃったかな…」
「・・・」⇒(疲れもあってその時は即答できなかった私…)
今の学校はとってもいい学校だから間違ったとは思わないけど、大好きな友達と離れるのはとっても寂しいよね…と明日長女に話したいと思います。

f_03.gif



二つのランキングに参加中デス
ランキングがUPするとやる気もUP
ぜひ応援をよろしくお願いしま~す


スポンサーサイト

-10 Comments

ゆき says...""
こんにちは^^さっそくお邪魔しにきました、オペアのゆきです。
先日は遊びにきていただいてありがとうございます。とってもうれしかったです★

今日の記事を読んで、いろんなこと、考えました。

まず、自分の少女時代を思い出して...ふふふ
私は、よく、いじられる子でした。それで基本的に嫌ではなく、楽しいことも多いのだけど、場合によって、イラっとしたり、相手にもよるんだけれど、すごくエスカレートする場合なんかは、突然きゅうそ猫を噛むって感じでうわ~~!!怒ったぞ~~!!となっていました。Oちゃん、それもできなそうなら、少しかわいそうですね>< 

私は、転勤族の子供だったので、小中学校は2、3年ごとに変わっていました。慣れっこだったけど、やっぱり最初は寂しかったし、別れる時はいつも泣いていました。だから、長女ちゃんの気持ち、すごくよくわかります。でも、大丈夫!すぐに、新しい世界が広がるって、楽しいなって思えると思います。転勤のおかげで、私は幼なじみがいないけれど、長女ちゃんにはちゃんと親友がいるし、4人はきっとずっとお友達でいれるのだろうし、新しい中学でも、すぐに新しい親友できるだろうなって思います。
また遊びにきま~す^^

2008.11.09 18:18 | URL | #3v9IlUEY [edit]
アイノワ says...""
写真はとても楽しそうなのに子どもの世界って色々ありますよね☆
フランスにいて感じたのは嫌なことは嫌だとちゃんと言わないと「それでいい」という意思表示になるんですよね。特に気が強い女の子に対して、黙ってたりすると余計突かれるっていうのも実際に経験としてあったりします。
子どもでもすでに「ミニサイズのフランス女」なのでそのへんは変わらなそうな気が。。
Oちゃん頑張れ~♪

ゴーフル、すごくおいしそうですねv-10
たこやき器もフランスに舞い戻る際には持って行こうと思ってますi-179






子どもの社会も大人のそれと一緒で複雑そうかな
2008.11.10 09:09 | URL | #- [edit]
minimi23 says...""
子供の世界もなかなか大変ですね~、大人なら適当に交わして他に楽しみをみつけられるけど、子供はその世界が限られてるから大人より大変かなぁ。
いやーーウチの近所の子、Nちゃん(8歳)見ててもまー、言うことがキツイし、いちいちうるさい。身体が小さいだけで中身はすっかりフランス人のおばちゃんて感じです。お兄ちゃん9歳、が、ボーっとしてる子なんですけど常に命令口調。聞いてるアタシが嫌になるくらいだし(ま、お兄ちゃんは全然気にしてないんですけどね)、私にもすごいこと言うんですよー、私も咄嗟のフランス語が浮かんでこないのでボーっとしてしまうこと多々あり。Oちゃんの気持ちがわかる。一度は親の前でやったのでビックリした顔を親に向けたら怒られてたけど。
Oちゃんが本当に嫌がってなければいいけど、Oちゃんが心配です。がんばれOちゃん!
2008.11.10 16:51 | URL | #- [edit]
taneko says...""
ゆきさん、早速遊びに来てくださってありがとうございます♪私も嬉しいです^^

ゆきさんの少女時代の話もありがとうございます。そっかー、基本的には楽しかったんですね!ちょっと安心しちゃいました^^Oちゃんもずーっと攻撃されているわけじゃなくて、仲良く遊んでいる時もあったし(マリオをしている時とか…)、だから私が思っているほど嫌がってないのかもしれませんね。
子どもは残酷な時もあるけど、大人ほど根がないと思うし…。そう言えばゆきさんの話を読んで思い出したんですけど、長女がちょっと昔はOちゃんがよく癇癪を起こすから大変だ~と言ってました^^;だから発散もできてるのかもしれません。そうであることを祈って!!

それからうちもゆきさんちと同じく転勤族だったんですよー。本当に別れは辛いけど、そこには新しい出会いが待っているわけで、私自身はいい思い出なんです^^
私は自分の友達が大好きなので、娘達にも友情を大事にして欲しいなと思います☆
2008.11.10 23:35 | URL | #- [edit]
taneko says...""
アイノワさん、
おっしゃる通りで、とっても楽しそうなのに、だから余計にブルーになっちゃいました…。
黙ってると突かれるって…それ、わかりますー。
気の強い人にはイライラしちゃうんでしょうねー。

フランス人女性、人は悪くないけど、サンパじゃないから私はやっぱり苦手だなあ…(笑)
2008.11.10 23:58 | URL | #- [edit]
taneko says...""
minimiさんちの近所にもいるんですねー
“ミニサイズのフランス女”(←アイノワさんの命名拝借^^)。
8歳でそんなにすごいなんて~~~末恐ろしいですね…
でもどーしてなんでしょうね?親の真似?それとも生まれつきなのかなあ?

気の弱い子に「言い返せ~」と言ってもできないものはできないだろうし…
みんなそれぞれの性分を抱えて、自分で乗り越えていくしかないんですよねー。
2008.11.11 00:20 | URL | #- [edit]
ふかふかママ says...""
こんばんは~
まず、長女さんは親しいお友達に久しぶりに会えてホントに良かったですねv-411
今の中学にもそのうち、仲良しが出来ると思いますよ!子供のうちって、仲良くなるのが早いから^^
Oちゃんの事ですけど、どうしても性格でそうゆう役割になってしまう子もいるんですよね。きっと、もう少し大人になったら変わると思うんですけど、これは言わなければ!って思ったことは、注意するのが大人としても必要だと思います。
その時に理解できなくても、後から理解できる日が来ると思いますv-21
Oちゃんがどう思ってるかが気になりますよね。

上のコメントを読んだら サンパってありましたけど、どういう意味ですか~?
2008.11.12 12:20 | URL | #- [edit]
taneko says...""
ふかふかママさん、
おかげさまで長女はとっても楽しそうでした♪
そうですね~新しい学校でも徐々に一緒に遊ぶお友達ができてるみたいです^^

Oちゃんのことはちょっと心配ですが…これからも一緒に遊ぶ機会を持つようにしてあげたいです。彼女はただ一人、小1からのお友達なんです!だから私も余計に感情移入しちゃってるのかも…

ご質問のサンパとは~
フランス語でsympatique(サンパティック)=感じがいいとか親しみやすいって意味なんですが、略してサンパとよく使うんですね。
で、サンパじゃない=感じ悪い~ってことですe-263
あと例えば友達とのパーティが楽しかった~というときも「サンパだったよ~」と使ったりします^^
2008.11.13 18:50 | URL | #- [edit]
空夢 says...""
こんにちは。

長女さんの“プチ同窓会”楽しそうですね。
ウチの娘達にも覚えがありますが、この年頃の女の子は特に仲間を
求めますから、こうしてお友達と楽しく過ごす機会をもらって長女さん
嬉しかったでしょうね。
別れ際ちょっと寂しそうだったけど、新しい出会いもこれからどんどん
あるし、お友達とちょっと離れちゃったのも良い経験でしたよね。

○ちゃんはちょっと気弱な女の子なのかな?ウチの次女も少し大人
しい方ですので、積極性と楽観性がもっと身に着けば良いのにと願っ
ておりますよ。
でないと、なんか損?な生き方している様に思えますから。
人それぞれがあっても本当は全然いいのですけど、親は欲張りです
ね。(笑))

○ちゃんはこれからが心身の成長著しい時期に入るのですから、なん
とかこの時期に自信をも身につけて行って欲しいですね。
長女さんもそのお手伝いが出来ると、それもとてもお互いに素晴らしい
事ですよね。
若い(これから)っていうのは、羨ましいけど大変でもありますね。
頑張れ、少年・少女達!!
2008.11.18 04:14 | URL | #- [edit]
taneko says...""
空夢さん、
気心の知れたお友達と過ごす時間って楽しいですもんね。
大人になってもそうですもん!!
これからも子ども達は出会いと別れを繰り返していくわけで、長女にとってはこれが初体験…でもいつでも会える距離にいるわけだし、こういう時間をこれからも定期的に持てるようにしたいです!

空夢さんちの二女さんやOちゃんのようにおとなしい子ってすごく気持ちが優しくていいことなのに、この世の荒波を乗り越えて行くには、ちょっと強い方が親は安心というか…私も空夢さんの意見にすごーく共感です。
でもその子の持っている性格って神様の贈り物だし(そんな絵本があったなあ~)、強い=優しくない、じゃないわけで…
やっぱり自分の性格を受け入れて、それでいいんだと自分で認めることが一番大事なのかなーと大人になっても自信を持てない私は思うのであります…^^;
2008.11.19 10:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。