フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の扉-古代エジプト展

昨日は、長女と二人でルーブル美術館へ。

les portes du ciel

お目当ては、古代エジプト展『Les portes du ciel(空の扉)』。
3月から開催されていてずーーーっと行きたいと思いながら
なんと最終日にギリギリセーフでした~(私らしい…^^;)

pyramides.jpg

あまりにも有名なガラスのピラミッドがルーブル美術館への入り口。

pyramides1.jpg

荷物検査を受けて中へ入り下へ降りていくと、
チケット売り場と美術館への入り口があります。
ちなみにルーブル美術館の入場料は、
常設展示室のみ9ユーロ、特別展示室は11ユーロ(私はこれです)、
両方だと14ユーロ。(1ユーロ約140円)
そして18歳未満だと、パリ市内どこの美術館も無料です!

pyramides2.jpg

この日はいいお天気で、ピラミッドの天井一面に
きれいな青空が広がっていました^^

さて~写真を撮ってブログにも載せちゃうぞお~と張り切っていたのに、
特別展示室はカメラもビデオも禁止
よって、残念ながら写真がありません><

その代わりと言ってはなんですが~古代エジプトの話をちょっと。
実は、長女が学校の歴史でずいぶん詳しく習ったらしく、
彼女が一生懸命いろいろと解説してくれたんです。

うちの長女はおしゃべり娘で(パパ似!)、
学校から帰ってくると友達とのことや習っておもしろかったことを
私に一通り話すんですね^^;
で、エジプトのことも何度か話してくれて、「すごくおもしろい!」と言っていたので、
展覧会も喜ぶかなあ~というわけで。


長女が一番興味深く話してくれた場面。
『死者の書』の中に出てくる、裁判のシーンです。

egypte1.jpg

死者の心臓はあの世でマアトまたはマアトの羽と天秤にかけられ、
それと釣り合いが取れれば天国へ行くことができ、
重ければ過去に悪行を犯したと判断されて
アメミットという幻獣に心臓を食べられ、
魂まで滅んで、生まれまわることもないとされていました。
(ひぇ~怖いぞでもこの場面のパピルスを見つけて長女と大喜び~

また、古代エジプトの展示物にはたくさんの神々が登場します。
わかりやすいように、家にある神話の本(長女の愛読書^^日本の天照大神
イザナギとイザナミの話も載っています!)から
神々のところをコピーして持っていきました。
(↑結構真剣な私たち・・・

egypte2.jpg

egypte4.jpg

今回の展示物の中でも一番多く描かれているオシリス
エジプト王として民衆にも慕われていたのを妬んだ弟セトに殺害されるが、
妹であり妻であったイシスの魔力で復活し、死後の世界の王として君臨します。
一方、オシリスとイシスの息子ホルスがセトへの復讐を果たして
王座を奪還し、親子であの世とこの世を治めることになります。

まだまだいろんな神がいて鳥や犬に変身したりしておもしろいのですが~
きりがないので~この辺で・・・^^;

egypte3.jpg
思い出に売店でちょこちょこと買っちゃいました^^

egypte7.jpg
長女も本人とお友達にカードを一枚ずつ。

egypte5.jpg

この日、幼稚園の遠足だった二女には、ぬりえのおみやげ。

egypte6.jpg

長女のおかげで内容もなかなか理解できて楽しかったです☆

途中、ミイラをデッサンしたり、解説やイラストをノートに書いている
フランス人マダムが三人ほどいて、
私も本を読んだりしてもっといろんなことを知りたくなりました。

最後に長女曰く、「ママへの説明でしゃべりすぎて口が痛くなった!」ですって*_*
だよね~ありがと!でも、あなたもしゃべりすぎたって感じることもあるんだ~(笑)


今日も読んでくださって~Merci!
最後に応援のクリックお願いできると励みになります^^

banner_13.gif



スポンサーサイト

-6 Comments

ももふ says...""
お久しぶりです。
とっても蒸し暑くて、不快指数大爆発の日本。ルーブルにピラミッド越しの青空がまばゆいです。
私もルーブルには幾度か行きました。でも、長女ちゃんの解説付きなんてうらやましい限り。子どもって、いつの間にか成長して、時には教えられたり。いいなあって思います。それにしても、こんなむしむしの日本に郷帰りされるんですね。キンキンに冷えたビールのおいしさをしみじみ実感することでしょう(私は既にしています)。では。
2009.06.30 14:15 | URL | #F75EM1/M [edit]
mimi says...""
ちょうどさっきまで、『地球の歩き方』をみて、ルーブル行きたいなー、tanekoさんのブログにあったパサージュってどこにあるんだろうなー、とか思っていたところだったので、あまりにもタイムリーでびっくりしてしまいました!
何気なく見るよりも、ちゃんとお勉強して、鑑賞するっていいですねー。
いつも、私はボケー、と見るほうなので・・・(^^>
2009.06.30 14:56 | URL | #- [edit]
ponta says...""
美術館とかだと結構撮影禁止ですよね。やっぱり実際に行かないとだめなんですね~。美術品には特に興味ないですが、世界の「ルーブル」だけに一度はいって見たいな~なんて思いますよ。

ところで、先日のレッドブルの件ですが、tanekoさんとは、こうしてブログを通してお知り合いに慣れたので、やっぱり危ないものは是非気をつけていただきたいと思いましたので、投稿しました。お気を悪くされてないといいんですが。

若いころはああいったことに結構無頓着でしたが、「パルスイート」の記事をあるところでみてから、食べ物全般を気にするようになりました。私たちの口に毎日入っていくものですから、毎日気をつけないと、知らないうちに体に害になっていったりしますよね。パルスイートの原料のアスパルテームは脳神経細胞に有害な物質にもかかわらず、一般に消費されることが許可されていること自体、信じられません。

お互い気をつけましょうね!
2009.07.01 01:59 | URL | #MJ.8oQaI [edit]
taneko says..."Re: Re: タイトルなし"
e-134ももふさんへ
お久しぶりです^^
ひぇ~日本、今年も暑そうですね・・・v-11
フランスの夏は快適なことが多くて、それに身体も慣れてしまって、
日本の夏、実は大変恐怖なんですよーー><
でも長く行けるのはやっぱり夏休みしかなく・・・
キンキンビールと焼肉や焼き鳥を楽しみにすることにします☆
ももふさんも涼を取りながら、がんばって乗り越えてくださいね~v-472

フランスもルーブルへ行ったくらいから暑い日が続いてます。
美術館の中は冷房が効いて、快適でしたけど^^v
私は元々歴史が好きな教科で、長女も好きらしくノートを時々見せに来て、
エジプトやギリシャ、ローマ帝国あたりを詳しく習ってるんですよ。
なので長女に教えてもらって、楽しかったです。
あとフランス語も彼女の方がスラスラ読めますし~すっかり頼ってます^^;
2009.07.01 07:19 | URL | #- [edit]
taneko says..."Re: タイトルなし"
e-134mimiさんへ
おー、なんとグッドタイミングな!(笑)
あのパサージュは、mimiさんにはぜひ行って欲しい~
絶対にお好きだと思います☆

鑑賞、私も普段はぼっーと見ることが多いです^^;
ですが、エジプトに関してはあまりにもミステリアスで
何を意味するのか知りたいと長年思っていたので~
今回は長女様様です^^
2009.07.01 07:32 | URL | #- [edit]
taneko says..."Re: タイトルなし"
e-134pontaさんへ
常設の方は、フラッシュなしなら撮影できたと思うんですね。
なのでこの日も張り切っていたのですが・・・残念∨∨
pontaさんもいつの日か娘さんたちも一緒に訪れてみてくださ~い^^
その時はお会いできるかな?(笑)

レッドブルのことは、教えていただいてかえって感謝してます。
逆にそんな不明な飲み物を紹介してしまい、
読まれた皆さんへの影響を考えると反省しました。
削除もできましたが、pontaさんのコメントを追記させてもらう形にしました。
(私の方こそ、ご迷惑ではなかったでしょうか?)
このご時世ですからなかなか難しいながらも、
なるべく自然なもの、安全なものにこだわっていきたですね!
カロリーゼロの甘味ドリンクがフランスにも沢山ありますが、
やっぱりあーいう便利な商品にも落とし穴があるんでしょうね…
痩せるためには動いて、腹八分目しかないかー^^;
2009.07.01 08:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。