フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリではスリに気をつけて!

パリはすっかり春ですよ~
春はいいですね~やっぱり~
暖かいし、明るいし~
パリ中が輝いてます

気候が良くなるこれからが
パリの観光には一番いい季節だと思います。
日本が大変な時だからこそ、
パリ旅行を計画されてる皆さま、
とことん満喫してくださいね!

primtemps11-3.jpg

ただ、一つだけお伝えしたいことがあります。
パリではスリに十分気をつけてください。

私は観光の仕事をしているのですが
最近お客さんがスリに遭ったという話を立て続けに聞きました。
まず、メトロは常にスリの危険性があります。
特に一号線、フランクリン・ルーズベルトやコンコルド駅付近が危ないようです。
その方もフランクリン・ルーズベルトで若いグループが
行き先を教えてあげるふりをして近づいて
結局大金がお財布からなくなっていたそうです。
しかも、何も感じなかったそうなのです。
彼らはある意味プロでいろんなテクニックを使います。
若いグループは間違いなくスリですので(たとえ白人でも!)
親切に寄ってきても知らないふりをして立ち去ってください。

ヴェルサイユ宮殿もスリが多いです!
過去に何組ものお客さんが被害に遭いました。
あとルーブル美術館も多いそうなので、どうぞ気をつけてください。

primtemps11-2.jpg

ある方は
ホテルの近くでスリに遭われました。
ショルダーバッグをちゃんと斜め掛けにしていたのに
若い男の子(多分黒人とアラブ人)に引きちがれて盗まれたそうです。
しかも、同じホテルに泊まっていたほかの日本人の方も
バッグを取られたそうなんです。

ホテルの場所を聞いたところ
パリの北、サン・ドニというところでした。
パリは地区によってがらりと雰囲気が変わります。
特にパリの北東地区は移民が多く住み
治安も南西地区に比べると悪いのです。
ですので、ホテルを決められるときは
どうぞパリのどの辺りなのかを知った上で決めてください。

バッグは必ずチャックなどで閉まるもので
お財布は一番奥に入れましょう。
それから現金は何箇所かに分けたり
大金はなるべく持ち歩かないことをお薦めします。

と言っても、ホテルのスーツケースの中には置いていかないように!
ホテルのスタッフも信用はできませんので。。。

あと、通りを歩くときは人通りが多い道を選んでください。
なるべく人通りの少ない道は避けるように。
そして道路脇から遠いところを歩くようにしてください。

後ろからバイクで近づいてきてバッグの紐をつかまれ
そのまま一緒に引きずられて大怪我をするケースもあります。

printemps11-4.jpg

日本人は現金を沢山持っていることを知っていて
どうしてもターゲットになってしまいます。

スリに遭うと大金を失うだけでなく
精神的にもショックを受けたり
あと警察への被害届やパスポートの申請に時間を取られて
せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまいます。

私は家から一歩出ると
“怪しい探知機”を頭の片隅に作動させて
怪しいと思ったら
間違っているかもしれないけど用心に越したことはないので
その人からすぐに離れます。
バッグもメトロの中でも必ず腕を通して、上から押さえています。

ココをクリックすると在仏日本大使館の安全情報ページをご覧になれます。
ほかにもいろんなケースがありますので
フランスへお出掛けの前にはぜひ一読されることをお薦めします。

観光やショッピングを楽しみつつ、
でも、あれ?と思ったらすぐにとその場を離れてくださいね。
いくら親切でもこちらが頼んだわけでもないし
“羊の皮を被った狼”の可能性が高いので
「non merci!」ときっぱりと言ってやりましょう。
無愛想にしても何ーにも悪く思うことはありませんからね。

日本人がお人好しなのをいいことに
そこを衝いたスリの手口には本当に腹が立ちます!
どうぞ彼らの手に乗らないように
くれぐれもご注意ください。

でも、どうしても避けられなくて被害に遭ってしまい、
暴力を振るわれそうになったときは
バッグは諦めて渡しましょう。
お金よりも命の方が大切なのは言うまでもありません。

ずいぶんおどかしてしまったかもしれませんが
パリの実情を知った上で少しでも気を付けることで
こうした被害から免れることができると思います。


↓応援のクリック、よろしくお願いしま~す

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


スポンサーサイト

-8 Comments

Paris says..."時差ぼけのパリスちゃんです"
tanekoさん、パリでは大変お世話になりありがとうございました。
私はこちらでいつもの様に腐っております。

パリにいる時は毎日の様にあちこち歩き回っていて本当に楽しかったのですが、ひとたび実家に戻るとまず寒いのよ。やる事があるとかないとかの前に気候にまいってしまいます。
パリのホームステイ先のお父さんやお母さんも「へー日本にはラジエーターはないの?」と意外な顔をされていました。世界の先進国 日本の現状ですよね。

こちらはただいま桜がきれいらしいのですが、、何を隠そう私は昔から夜桜の下でピクニックって言うのが嫌いな人でした。だって寒いじゃん。飲み会は絶対断らない性格で有名なパリスちゃんですが夜桜だけは「なんで?」とずっと不思議に思っておりました。それでももちろん行ってましたけどさ。

私は今ナチスドイツからパリを救った二人の男達の話に夢中です。映画があるのでdvdを探しましたけど現在入手不可能なので原作を手に入れました。感動的な物語ですよ。題名は何を隠そう、
「パリは燃えているか」です。映画はテレビでしか見た事なかったけどこれは映画の最後に電話でヒットラーが叫ぶセリフです。
パリが好きな皆さんはきっと感動すると思いますよ。お勧めです。
2011.04.03 08:24 | URL | #A73FZ09w [edit]
空夢 says..."tanekoさん、こんにちは**"
ずっと前の事ですが
娘の運動会で、ベビーカーに掛けていたカバンを盗られ
ショックを受けた事があります。
地元で被害に遭ってあんなに怖くて落ち込んだんですから
海外で被害に遭われたら、どんなにかショックが大きいでしょう。
ホント、なにもかも台無しになる可能性もありますよね。

日本は戦後しばらく、あまり不安なく暮らしてこれたので
ちょっと危機感が他の国の人達より薄いですよね。
ぼんやりしているかも知れませんが
そんな人の良い人達を傷つけないで欲しいですよね。
2011.04.04 00:07 | URL | #- [edit]
ももふ says..."あれっ?"
いつの間にか、パリスちゃんは日本だったのね。

ところで、今年も無事に日本に戻ることができましたが、
スリが多い、かなり多いのを実感したパリ滞在でした。
人を見たらスリと思え、
悲しいかなパリはそんな状況でしたね。
アンケートを装って近づいてくる子どもグループもいましたぜ。

日本にいると、バッグのファスナーを開けっ放しで歩く人、
後ろポケットに無防備に入れている財布(半分出てる!)、
お金を持ったまま財布に入れながら歩く人、
あまりにも不用心な人が多すぎます。
狙われたら自分が楽しくないから、
かっこわるくても用心すべきですね。
2011.04.04 01:23 | URL | #F75EM1/M [edit]
terumimi says...""
用心しましょうねー
私はしばらくスリにはお会いしていません。
お金の匂いがしないからスリも人を選んでるんでしょうね。気をつけていきましょう!
2011.04.04 14:31 | URL | #WO0aa6l. [edit]
taneko says..."*パリスちゃんへ*"
元気ですか~
あっという間の三週間、
パリスちゃんがいてくれると
安心します。
また次回を楽しみに待ってますネ^^

私もこの本はぜひ読んでみたいです。
クラシックコンサートもぜひご一緒して
カッコイイ指揮者にとろ~んとなりたいな(笑)。

2011.04.06 11:31 | URL | #- [edit]
taneko says..."*空夢さんへ*"
そうなんです!
人のいいところを狙う手口が
許せないですよね。
フランス人の被害者ももちろんいて
お年寄りや女性を狙ったりするし!

しかし、日本でもそんなことがあるんですねえ。。。
お金もだけど、
精神的にもショックですよね。。。
2011.04.06 11:35 | URL | #- [edit]
taneko says..."*ももふさんへ*"
やっぱりスリが多かった?
どうも最近また多発しているみたいで。。。
若い子の集団は特に危険!
ももふさんたちは毎年来ているから
パリの悪い面も見えちゃってるよね。

日本ではパリのいい面ばかりがクローズアップされすぎて
意外にもこうしたスリの話はみんな知らないんだなーと
ちょっとびっくりしているので
今回思い切って書いてみました。
2011.04.06 11:43 | URL | #- [edit]
taneko says..."*terumimiさんへ*"
あは、私もお金持ってないから
最近は全然狙われてないなー^^;
でも、気を緩めるとやられそうなので
本当に気をつけましょう!
2011.04.06 11:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。