フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛飾北斎展

パリ16区にあるGUIMET(ギメ)美術館で8月4日まで“葛飾北斎展”が開かれています。
IMG_1778_convert_20080722040025.jpg
この美術館、正式にはフランス国立ギメ東洋美術館と言い、その名の通り、パリにありながら東洋の貴重な美術品が数多く所蔵されています。
インド、中国、そして日本・・・東洋の美に魅せられた美術館の創立者であるギメ氏は、各国を訪れ熱心に収集を続けました。また、彼は仏教にも深い関心を持ち、仏像などの収集だけに終わらず、美術館のほかに図書室を設けたり、その研究が行われやすいように配慮しました。すごい~

IMG_1775_convert_20080722041958.jpg
二人の娘を連れて着いてみたら、なななんと行列が~~~
これは全くの予想外でした・・・中も人人人・・・みんなじっくり鑑賞してて進まないし~、
二女が見えないのでずっと抱っこだったし(重いよ~)、正直、くたびれました^^;

それでも、北斎の浮世絵はやっぱりすごかったです!!
あまりにも有名な神奈川沖波裏をはじめ、『富嶽三十六景』も沢山ありました(感動の
あと、私江戸文化が大好きなんですが、庶民の暮らしぶりが描かれた絵がすごく可愛かった~(写真撮影禁止で残念…)
日本の大事な文化である浮世絵、残念なことに外国に多数流出してしまってるそうです・・・
でも、興味深く鑑賞するフランス人の姿に、日本人として嬉しくもありました^^本やパンフを買う人も多かったですよ~!!

昔、葛飾北斎の一生を舞台で観た事があるんですが、絵に対する熱意とか生き方に刺激を受けたことを今でも覚えています。これを機会に、北斎のことを綴った本を今一度ゆっくり読んでみることにします^^
娘達も「どこかで見たな~」くらいの記憶を残してくれたら何よりですが・・・^^;


f_03.gif



二つのランキングに参加中デス!
ぜひ応援をよろしくお願いしま~す


スポンサーサイト

-4 Comments

minimi23 says...""
すごい行列ですね~。パリはこういうのが見れていいなぁ。美術館たくさんあってすぐに行けるtanekoさんが羨ましいです。
葛飾北斎、有名な作品しか知りませんが、色使いなどかなり斬新だと思います。
北斎さんとは何のゆかりもございませんが、私までなんだか鼻高々。
2008.07.22 17:15 | URL | #- [edit]
taneko says...""
minimiさん、私もパリに居ながら普段は行かないのでもったいないですよね…
娘達が大きくなってきたので、そろそろ一緒にあちこちしたいなと思います^^
北斎さんの浮世絵、口ではうまく表現できませんが、色使いやテーマや構図などが彼ならでは!で、西洋の画家にも影響を与えたのがわかる気がします^^
2008.07.23 09:36 | URL | #- [edit]
空夢 says...""
北斎はもう日本の北斎ではなくて世界の北斎なんですね。
日本のアーティストはヨーロッパで好まれますよね。
フランスでは宮崎駿監督作品も人気があるそうですが、
新作の「崖のうえのポニョ」は、フランスで見ることが出来るのでしょうか?
子供達には是非見せたい作品です。
北斎も宮崎監督も日本が愛される国になるための良き伝道師の様ですね。i-265
2008.07.24 14:22 | URL | #- [edit]
taneko says...""
空夢さん、おっしゃる通り、宮崎監督の映画、フランスでも評価が高いですよー。
「崖のうえのポニョ」は観られましたか?きっとこちらでも上映されると思うので、楽しみに待ってます^^
きっと北斎と同じく世界のミヤザキだろうと思いますが、一握りの本当にいい作品というのは、国境を越えて心に響くのでしょうね。
外国に住んでいると極東の小さい国なのに、世界中の人に感動を与えられる文化を持つ日本人ってすごいと思うんです。音楽やダンスの世界で活躍されてる方も沢山いますし、車やバイク、カメラなどのメカニックだってすごいし!!
あー、私も大きいことは無理でも、自分なりにがんばらなくちゃなあ。
2008.07.24 15:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。