フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブリン満喫の一日・前編

2日目、ダブリン滞在は一日だけだったので、
行きたいところを効率よく廻れるように、
前以て錬ったプランを片手に出発

まず朝食は、
アイルランドで一番古いカフェBEWLEY'S(ビューリーズ)にて。

bewleys1.jpg

創業は1927年、レトロな外観が素敵~☆(写真はいまいちですが・・・^^;)

bewleys3.jpg

長い歴史の中で育まれた重厚感や気品・・・
老舗の店の独特な雰囲気って、世界共通ですよねえ。
とても落ち着く大好きな空間です。

bewleys2.jpg

そんな中で頂いた、カプチーノとアイルランドスコーン。
イギリスのスコーンより一回り大きいかな?
大好物なので、この後もあちこちで食べました

コーヒーと紅茶の貿易会社が始めたこのカフェ、
挽き立てのコーヒーはもちろん、紅茶も美味しいんだそう。
次回は、ミルクティーにしよう!


大満足の朝食のあとは、
歩いて5分くらいのところにあるトリニティカレッジへ。

trinity college2

1592年に英国のエリザベス一世により創設された
アイルランド一歴史のある大学なんだそうです。
開放的なキャンパスを学生に混じって歩けるだけも
得した気分になれますが~
ここでは、世界でもっとも美しい本と言われている
国宝『ケルズの書』(The Book of Kells)を見ることができます。

trinity college4

ケルトの書の展示の後もさらなるサプライズが~
古い本が両脇の書棚にぎっしりと納められている図書館です。

trinity college3

全て本物だなんて、凄すぎる・・・

後編へ続きます・・・


応援のクリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

スポンサーサイト

-6 Comments

Paris says..."ダブリン"
大学、素敵だよね。古い歴史を感じさせてくれて。
ダブリンに最初に行った時まず驚いたのは食事がおいしかった事。イギリス料理に似てるのに何を食べてもイギリスより美味しかった!アイルランド料理の本を買って帰りました。でも材料がなくて作れませんが。
最初にアイルランドに行ったのはまだユーロになる前で空港でも「日本のパスポートが二人いる」って言って入国検査のおじさんが出て来たのを思い出します、イギリスと戦争をした日本はアイルランドにとって友好国なのだそうです。面白いね。
2014.10.11 02:10 | URL | #A73FZ09w [edit]
ももふ says..."旅行の写真は気持ちいい。"
ここのところ、忙しくて…息抜きできない私にとって
今回の記事は、気持ちだけでも旅行気分。
ありがとうね。
カプチーノの写真に釘付けです。
ま、カプチーノ飲むくらいの余裕はありますが。
2014.10.12 08:24 | URL | #F75EM1/M [edit]
喜助 says..."本棚、すごい!"
大学の本棚、まるでハリポタの世界だわ〜。
いかにも古そうで高価そうな本ばかり!
と、値段に思いかおよぶところが、やっぱり私、庶民よね(^_^;)。
2014.10.16 08:09 | URL | #- [edit]
taneko says..."パリスちゃんへ"
私もアイルランド料理は口に合いました!
確かにイギリス料理より美味しいかも・・・
ダブリンでは、珍しく日本人に会いませんでした。
とっても素敵な国だからお薦めだけど、
日本からはちょっと遠くて不便だよね・・・
2014.10.20 16:36 | URL | #- [edit]
taneko says..."ももふさんへ"
お仕事忙しそうですね・・・
がんばってね^^
旅はいいよねえ・・・
またどこかにで掛けたくて、うずうずしてます(笑)。
2014.10.20 16:39 | URL | #- [edit]
taneko says..."喜助さんへ"
ねー、ホグワーズの図書館みたいでしょ~!!
しかも全部本物、端から端まで、一階と二階にもぎっしり~
全部でどんだけの価値があるのか、想像できないよね~**
2014.10.20 16:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。