フランスからサリュー

Je vous porte un petit bonheur.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長女の教科書

新学期という季節柄、またまた学校ネタです^^

フランスの教科書、日本のように無料配布ではありません^^;
日本の場合、フランス在住の日本国籍を持つ子ども達にまで、日本人会というところで登録すると、無料で頂けるようになっています。つくづく子どもの教育に熱心な、恵まれた国だなあーとありがたく思います。

フランスの場合・・・
長女の小学校は、夏休み前にリストを渡されて買い揃えていました。専門の本屋に行くと新品もしくは中古本を買うことができます。(そうだ、使わなくなった教科書、今度売りに行ってみよう!)
今度入学した中学校は、英語の教科書を除いて、学校から配布されました。でも、これはあくまでもお借りするので、中に書き込み等は厳禁なのです!

で、先日長女と一緒に15冊の本とノートに“カバー貼り”をしました。
IMG_1997_convert_20080914031916.jpg
このカバー貼り、小学校の時、買った本にもやはりするように言われていました。
うーん、やっぱり本が傷まないようにということなのでしょうが、、、
結構大変な作業なんです~

以前は全面がテープになったロール式のを切って、裏紙を剥がしながら貼ってたんですが、
これが、もう、貼りにくくて仕方ないどうしても空気が入っちゃってプツプツができちゃうんですよ…わかります~?
IMG_2014_convert_20080914032830.jpg
でも!上のカバーを昨年見つけてから、本当に簡単にできるので助かってます

IMG_2011_convert_20080914032109.jpgIMG_2012_convert_20080914032204.jpg
一枚ずつカバーを広げると何箇所かにテープが付いていて、それをピリッと剥がして本にくっつけて、あと余った部分を中に折り込んで、テープで押さえるだけ!簡単なので、長女にもできましたおかげで15冊もあっという間に終わって、きっと以前の1/10の速さではないでしょうか!?

IMG_2001_convert_20080914032011.jpg
上の本は、なんと30年前から使われている本だそうです。
長女が驚きながら説明してくれました^^
今までいろんな子ども達が手にしてきた一冊の本。
みんなで大事に使い回していくのも、素敵なことだなあ~と思いました。

日本とは違う、フランスの教科書事情でしたチャン、チャン!

f_03.gif



二つのランキングに参加中デス!
ぜひ応援をよろしくお願いしま~す

スポンサーサイト

-10 Comments

サトシ says...""
ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
2008.09.14 07:52 | URL | #- [edit]
マダムまさえ says...""
そうなんだあ、この写真のカバー、値段が高くて買うのをためらってやめたんです、私。
そんなに簡単にできるのなら、買ってみようかしら。年度末に外すのも簡単?
私は調節教科書にテープで留めなくて済む、日本の本屋さん式でいつもやっている。
教科書の使いまわし、地球には優しいよね。
工作や道徳の教科書、毎年ほとんど新品だったのを思い出す。
2008.09.14 17:02 | URL | #- [edit]
minimi23 says...""
こんなところにもフランス人の物を大切にする姿勢が出てるんですね~、関心しました。
30年も使われてる教科書、全然そんな風に見えない。絵もかわいいな。素晴らしいことですねー。
カバー張り作業おもしろそう、ぴっちりキレイに張れた時は快感、自己満足!って感じがします。
2008.09.14 20:19 | URL | #- [edit]
taneko says...""
サトシさん、初めまして!
コメント&応援ポチまで!!、ありがとうございます~^^

株情報、すごいですね@@
これからもどーぞよろしくお願いしますね~
2008.09.15 19:37 | URL | #- [edit]
taneko says...""
まさえさん、
確かにこのカバーは割高だよね…1枚100円として、15冊で1500円!!ぎゃあー!!!(今更ながら驚いたよ@@)
だけど、前のロール式にはもう戻れないし~
外すのももちろん簡単だよ~

まさえさんちは、帯付きのビニールカバー?なるほどね~それは思いつかなかった!

本の使い回しって、本当に地球に優しいね~いい方法だと思ったよ^^

2008.09.15 20:05 | URL | #- [edit]
taneko says...""
minimiさん、ご近所さんだったらカバー貼りのお願いに、、
本とノートを持っておじゃましてたかもしれませーん(笑)

このカバーがなかったら、私、15冊終わった頃には、かなり衰弱してたことでしょう。
ブログの内容も、怒り爆発!!になってたかもー^^;

このカバーのおかげで、本を大切に使うすばらしさを感じる余裕が持てました!
カバーさんに感謝☆(ヘンなコメントになっちゃいました…)
2008.09.15 20:17 | URL | #- [edit]
空夢 says...""
専門店に、教科書を探しに・・・なんて
ハリーポッターの1場面を思い出しました。

中学では、教科書を借りると言う形になるんですね。
自分が使った教科書でまた誰かが学習するって考えると
自然に大切にする気持ちが生まれてきますよね。
大切にするって言う事は、しっかり内容も見るって事ですから
さらに良い事ですよね。
日本みたいに、教科書を学校の机に置きっぱなしにして帰ったり
他人の教科書に落書きしたりって言うのは無いのでは?

フランスの教育者の方達の考え方ってず~と昔から変わらない
んじゃないのでしょうか?
残念ながら、日本の教育者達は時代や世論に振り回され
その場しのぎの事なかれ教育になってしまっている様に思います。
先生も、子供達1人1人を見てくれていません。
クラス単位で見ている様に思えます。
教財についても、先生と教材業界の癒着があったりして
ほんとうにみっともない事であります。

こうして、先輩達から引き継がれた教科書に、丁寧にカバーをしている
娘さんやフランスの子供達の映像を日本の教育者の人達に見てもらいたいなあ~。

今日はちょっと愚痴っぽくなってすみませんでした。
とっても、羨ましい習慣だったので・・・。
2008.09.19 05:19 | URL | #- [edit]
taneko says...""
空夢さん、ハリーポッターのあの場面、私も好きです~^^

それから空夢さんのお話、とーっても共感しながら読ませて頂きました!全くの同感で、日本はあそこまで豊かで便利な国になったのはすごいことだと思いますが、その反面、手に入らないことや不便さを体験する機会が持てないので、やっぱり子ども達に“物があることのありがたさ”を伝えることができにくいですよね…
それは誰のせいというより、悲しいかな、そういう時代の流れというか…なんですけど…

でもフランスの子ども達も少なからず、家庭ではおもちゃとか物を沢山与えられてる気がします。やっぱり子どもは可愛いんだと思います^^(物を与えるのが愛情ではなくても…)
ただ学校や社会にはまだまだ古いものを使うという文化がまだまだ残っているし、人々の暮らしも質素なので、その点、日本の子どもとはまた感覚が違うでしょうね。うまく説明できませんが…

2008.09.20 18:57 | URL | #- [edit]
elle says...""
えー本当ですか?スゴイなフランス。
物を大切にされてる。。。見習わないといけないな

そちらは新学期。
こちらは今日で3学期が終了してスクールホリデーです
4学期は来月の中旬から始まりますよ

国によって学校も違うもんですねー
なんか面白いな♪
2008.09.25 16:17 | URL | #- [edit]
taneko says...""
elleさん、
わー、そちらは10月が新学期なんですかー?それはまた知りませんでした!!
本当におもしろいですね~
もしかして、私達のいわゆる夏休み=長い休みって、そちらは2,3月頃ですか?

2008.09.27 16:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。